障害年金手続きで圧倒的な実績

京都障害年金相談センター

運営:京都駅前社会保険労務士法人 「京都駅」より徒歩5分

初回相談料

0

075-662-8007
平日9:00~19:00 ご予約で夜間・休日対応可能
MENU

相談のご予約

\メールは24時間受付中/

お問い合わせ

反復性うつ病性障害で障害基礎年金2級に認められ遡及も行われたケース

相談時の状況

主治医から当センターをご紹介いただき、後日ご本人に面談へお越しいただきました。
うつ症状が酷いため、本人が手続きを進めていくことは困難だと判断されたようです。

 

社労士による見解

この方は小学生のころは非常に活発で、生徒会役員も務めていたそうです。
中学進学後も元気に登校されていましたが、2年生になったころからいじめを受けるようになり、不登校となってしまいました。

1年浪人して高校に入られたのですが、いじめに遭った経験から人とのコミュニケーションで緊張するようになり、自分のことを悪く言われているような被害妄想が出現するようになったそうです。
次第に高校も休みがちとなり、2年の途中で退学されてしまいました。

その後は専門学校へ通い始めたこともありましたが直ぐに行けなくなり、アルバイトにも何度かチャレンジしましたがうまくいきませんでした。

20歳代半ばから完全に引き籠るようになり、家族に死にたいと漏らすようになったため、30歳の時に初めて精神科を受診されました。

以後10年以上も通院して投薬治療を受けてこられましたが症状は改善せず、現在も引き籠って生活しておられました。

 

受任してから申請までに行ったこと

初診は30歳の時でしたが、おそらく発症は10代の頃でしたので、小学生の頃から現在までの生活状況について詳しくヒアリングを行いました。

主治医にも過去の状況や日常生活について詳しくお話できていないようでしたので、ヒアリング内容を文書にまとめ、医師へお渡しいただきました。

直ぐに診断書をお書きいただけましたので、その内容を踏まえた上で詳細なヒアリング結果に基づいた病歴就労状況等申立書を作成しました。

 

結果

障害基礎年金2級に認められ、5年分の遡及も行われました。

障害年金請求手続きは非常に煩雑で、内容も複雑です。
自分で作成しなければならない書類も多数あり、中でも病歴就労状況等申立書は、治療歴の長い方は昔のことを思い返しながらまとめていなかれればならないため、思考制止の症状があるうつ病の方はなかなか作成することができません。

せっかく医師に診断書を作成してもらっても、手続きを進めていく気力が湧かないため、途中で諦めてしまわれる方も珍しくありません。

ストレスから病状を悪化させてしまう場合もありますので、まずは専門家へご相談ください。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「うつ病・気分変調症」の記事一覧