いろんな精神科で医師に嫌がられていた人のケース

相談時の状況

お世話になっている精神科クリニックの院長から、最近転医してきた患者が障害年金で困っているとのことでご紹介いただきました。

 

社労士による見解

この方は強迫性障害を10代の頃に発症されたようで、特に醜形恐怖が強く、繰り返し美容整形や歯の矯正を受けてこられたようです。
社会に出てからもこの症状は治まらず、うつ症状も出現するようになったため、約十年前から精神科へ通院しておられました。

主にこの方の日常生活を困難にさせている原因は醜形恐怖でしたが、うつ病の症状も重かったため、そちらで障害等級に該当する可能性が高いと判断しました。
(強迫性障害だけでは、障害年金の対象になりません)

 

受任してから申請までに行ったこと

この方は今のクリニックに移られて数か月しか経っていませんでしたので、ご本人から詳しくヒアリングした情報を元に養育歴や治療歴についての参考資料を作成し、院長へお渡しいただいた上で診断書の作成を依頼してもらいました。

しかし数か月経っても、診断書はでき上がってきませんでした。
院長に直接お聞きしてみたところ、この方はたまにしか受診せず、しかも来るたびに「障害年金がほしい」という話しかしないので、このままでは診断書を書くことができないと言われてしまいました。

当然ですが、医者の先生も人の子です。
まともに診察を受けず、お金の話しかしない患者のために、手間のかかる診断書を書きたくなくなる気持ちも理解できます。

まずは本人に定期受診してもらうため、説得を試みました。
しかしこの方は経済的な不安感が先に立ち、治療よりもお金をなんとかしたいという気持ちに支配されているようでした。
いくら説明しても医師と会うたびにお金の話ばかりすることを止めず、最終的に医師から面倒を見切れないと言われてしまいました。

この相談者にとってこういったことは初めてではないらしく、今までもいくつかのクリニックで同じようなことを言われてしまっているようでした。


過去に他院で発達障害の診断を受けたこともあるようで、元来人の気持ちや場の空気を理解することができず、加えて依存傾向も強い人でしたので、どこにいっても嫌がられてしまうようでした。

そこで、患者とじっくり向き合っていただける医師を紹介し、そちらへ転医していただきました。

数か月後には診断書もお書きいただくことができ、障害年金を申請することができました。

 

結果

無事、障害厚生年金2級に決まりました。
またこの方は、ご紹介した医師との相性も良かったようで、精神的な安定が得られて病状も改善に向かっているようでした。

やはり精神疾患は、医師との相性も重要だと思います。
精神疾患用の診断書は殆どが医師の主観でご記入いただく項目になっており、同じ障害状態の人でも医師によって内容は全く違ってしまうことも珍しくありません。

患者が医師を信頼できなければ症状や日常生活の状況なども正直に伝えることができないため、医師は実態を把握することができず、治療にも影響がでてしまいます。

まずは主治医を信頼し、症状や日常生活の状況について常に伝えておくことが重要です。

  • うつ病・気分変調症の最新記事

    受給事例の最新記事

    精神疾患の最新記事

    障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
    障害年金無料診断キャンペーン
    障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
    無料相談会ご予約受付中