受給事例

高次脳機能障害だが医師に日常の困難さが伝わっていなかったケース

相談時の状況 交通事故の影響で高次脳機能障害と診断された、30代女性からご相談いただきました。   病院の相談員さんから障害年金を勧められ、当センターへ相談するようアドバイスされたそうです。       社労士による見解
続きを読む >>

IQ67の軽度知的障害で障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 軽度の知的障害がある20代の娘さんについて、お父様からご相談いただきました。       社労士による見解 お父様に詳しく
続きを読む >>

40年以上前の初診日を証明し感音性難聴で障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 生まれながらの感音性難聴をお持ちの、50代男性からメールでご相談いただきました。 今まで障害年金制度があることを知らず、最近になって役所の窓口で教えてもらったそうです。     社労士による見解
続きを読む >>

不支給からの再チャレンジでカルテの提出を求められたケース

相談時の状況 地域の障害者生活支援センターの相談員さんから、精神疾患を患っておられる40代の女性をご紹介いただきました。 昨年お母様が障害年金の申請をされたのですが、不支給になってしまったそうです。     社労士による見解
続きを読む >>

進行性核上性麻痺で障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 進行性核上性麻痺と診断された、50代男性の奥様からご相談いただきました。   障害年金の手続きで困っておられたところ、地域の障害者支援センターから当センターを紹介されたそうです。       社労士による見解
続きを読む >>

初診が20年前の慢性呼吸不全で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況 特発性間質性肺炎を長年患っておられる、40代女性からご相談いただきました。 ご自身で申請を進めようとされたのですが、初診時のカルテは既に破棄されていることがわかり、どうすればよいかわからなくなったそうです。       社労士による見解
続きを読む >>

幼少期の脳腫瘍が原因で高次脳機能障害となったケース

相談時の状況 同じ支部に所属する社労士の先生から、ご家族の障害年金申請について困っておられた顧問先の社員さんをご紹介いただきました。 もうすぐ20歳になる娘さんが、高次脳機能障害の診断を受けておられるとのことでした。       社労士による見解
続きを読む >>

うつ病で申請して不支給になっておられたケース

相談時の状況 数年前からうつ病を患っておられる、50代男性からご相談いただきました。 ご自身で手続きされたそうですが、不支給の通知が届き困り果てておられました。       社労士による見解
続きを読む >>

有効な記録が残っているのに病院で初診証明を断られたケース

相談時の状況 Ⅰ型糖尿病を患っておられる、50代後半の男性からご相談いただきました。       社労士による見解 詳しくお話を伺ってみると、この方は30代前半の頃に、真冬でも喉の渇きが治まらないこと
続きを読む >>

準社員で働きながら障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況 注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症スペクトラム障害(ASD)・双極性感情障害の診断を受けておられる、20代の女性からご相談いただきました。 主治医から障害年金のことを紹介され、複雑な制度であるため、まずは当センターへ相談に行くよう勧められたそうです。     社労士による見解
続きを読む >>

障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
障害年金無料診断キャンペーン
障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
無料相談会ご予約受付中