障害年金手続きで圧倒的な実績

京都障害年金相談センター

運営:京都駅前社会保険労務士法人 「京都駅」より徒歩5分

初回相談料

0

075-662-8007
平日9:00~19:00 ご予約で夜間・休日対応可能
MENU

相談のご予約

\メールは24時間受付中/

お問い合わせ

その他肢体障害 一覧

脊髄空洞症で障害厚生年金3級に認められたケース

相談時の状況 ハローワークの専門相談窓口から、キアリ奇形Ⅰ型からの脊髄空洞症がある50代女性をご紹介いただきました。 以前からご本人が障害年金の相談を医師にされているのですが、あまり協力的でなく、診断書をなかなか書いてもらえないので助けてほしいとのことでした。   社労士による見解 この方は約5年前に頭痛や眩暈の症状が出現し、近くの総合病院を受診して精密検査を受けたとこ […] 続きを読む

過去にステロイド治療を受けていたがその数年後が大腿骨骨頭壊死の初診日と認められたケース

相談時の状況 特発性大腿骨骨頭壊死により、左股関節を人工骨頭に置換しておられる50代男性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は、約15年前に突発性難聴を発症し、入院してステロイドパルス療法を受けておられました。 その際医師から、将来ステロイド治療の影響で、大腿骨骨頭壊死を発症する可能性があると聞いておられました。 その約5年後、左股関節に痛みがでるよう […] 続きを読む

進行性核上性麻痺で障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 進行性核上性麻痺と診断された、50代男性の奥様からご相談いただきました。 障害年金の手続きで困っておられたところ、地域の障害者支援センターから当センターを紹介されたそうです。 社労士による見解 […] 続きを読む

パーキンソン病で一度不支給になっていたが再度の申請で認められたケース

相談時の状況 病院の相談員さんから、パーキンソン病を患っておられる30代男性をご紹介いただきました。 約半年前にご自身で手続きされたのですが、障害状態が軽いとの理由で不支給になったそうです。 社労士による見解 この方は、約2年前から手が震えるようになったそ […] 続きを読む

レビー小体型認知症のパーキンソン症状を審査対象外とされたケース

相談時の状況 レビー小体型認知症の診断を受けた60代男性の、奥様からご相談いただきました。 社労士による見解 詳しくお話を伺ってみると、この方は職務上のトラブルからうつ病を発症し、約5年前から精神科へ通院されていました。 うつ病のため定期通院して投薬治療を受けておられまし […] 続きを読む

脊椎腫瘍による肢体障害で65歳直前に申請したケース

相談時の状況 お世話になっている病院のソーシャルワーカーさんから、脊椎腫瘍で歩行困難になった64歳女性について相談に乗ってほしいと連絡がありました。 数か月後が65歳の誕生日で、ご本人は老齢年金を受給するお考えでしたが、両足に重い障害があったため、障害年金を申請したほうが良いとソーシャルワーカーさんがアドバイスされたそうです。 当センターまで、車いすでお越しいただ […] 続きを読む

強い衝動制御障害のあるパーキンソン病で1級に認められたケース

相談時の状況 病院の相談員さんから、パーキンソン病を患っておられる40代男性をご紹介いただき、病院の中で面談しました。 社労士による見解 この方は約8年前から足の痛みや歩きにくさを感じるようになったため、近くの整形外科を受診してみたところ、すぐに大学病院の神経内科を紹介されました。 大学病院で精密検査を受けたところ […] 続きを読む

重症筋無力症で症状が悪化しているのに支給停止されたケース

相談時の状況 約5年前にこちらで手続きを行い、重症筋無力症について障害厚生年金3級を受給しておられた50代男性から、再度ご相談いただきました。 1回目の更新は問題なかったのですが、2回目の更新手続きを行ったところ、支給停止の通知が届いてしまったそうです。 社労士による見解 久しぶりにお会いしたところ、幸いにも症状はあまり悪 […] 続きを読む

痛みを主張しすぎて不支給になったケース

相談時の状況 大阪にお住いの40代後半の男性からご相談いただきました。 交通事故が原因で、左腕に大きな障害が残ったそうです。 大阪で障害年金専門を謳っている社労士へ依頼され、障害基礎年金の申請をされましたが不支給になりました。 審査請求(不服申立)を希望して再度その社労士に連絡されたのですが、「実は自分は精神疾患専門なので肢体障害はよくわからない」と言い出し、対応を断ってきたそうで […] 続きを読む

脊髄小脳変性症で障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 約10年前に脊髄小脳変性症を発症された50代の奥様について、ご主人からご相談いただきました。   社労士による見解 子供の運動会で一緒に走る競技へ参加した際、足がもつれてうまく走れなかったそうです。 お母様が脊髄小脳変性症だったため、自分もそうなのではと考えて、母親が通っていた病院で精密検査を受けたところ、やはり同じ病気であることがわかりました。 定期的に通院されていました […] 続きを読む