網膜色素変性症で障害厚生年金2級に認められたケース

ご相談にいらした状況

ご本人からお電話でご相談いただき、後日無料相談会へご参加いただきました。

 

社労士舩田による見解

お話を伺ったところ、視野障害で障害者手帳の2級を取得しておられましたので、障害年金でも2級に認められる可能性が高いと判断しました。しかし初めて病院に掛かられたのがいつごろなのかご本人の記憶が曖昧でしたし、10年以上前のことでしたので、カルテが残っているかが心配でした。

 

受任から申請までに行ったこと

更に詳しくお話を伺い、状況から考えて受診されたであろう眼科に問い合わせたところ、12年前でしたが初診時のカルテは残っておりました。診断書作成依頼時も問題のない内容で書いていただけるよう医師へお伝えいただきました。

 

結果

無事障害厚生年金2級に認められました。

障害年金を申請する上でまず初めに気を付けないといけないのは、初診日がどこであるのかを慎重に判断することです。医学的な判断が必要な場合も多くありますので、年金事務所の窓口では判断できません。初診日を正しく判断できずに申請してしまうと、取り返しのつかないことになる場合がありますので、まずは専門家へご相談いただくことをお勧めします。

  • 網膜色素変性症・感音性難聴等の最新記事

    障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
    障害年金無料診断キャンペーン
    障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
    無料相談会ご予約受付中