障害年金手続きで圧倒的な実績

京都障害年金センター

運営:京都駅前社会保険労務士法人 「京都駅」より徒歩5分

初回相談料

0

075-662-8007
平日9:00~19:00 面談は要事前予約

面談は要事前予約

MENU

相談のご予約

\メールは24時間受付中/

お問い合わせ

脳梗塞・脳出血 一覧

事例№5084・高次脳機能障害で主治医に診断書作成を断られていたケース

相談時の状況 脳梗塞により高次脳機能障害となった、60代男性のご家族からご相談いただきました。 就労はとてもできない状態で、日常生活にも大きな支障がでているため、高次脳機能障害の診断をしていただいた脳神経外科の主治医に障害年金の相談をされたのですが、精神障害の診断書は書いたことが無いと断られてしまったそうです。   社労士による見解 ご家族に詳しくお話を伺うと、片麻痺は […] 続きを読む

事例№5385・脳出血による片麻痺と言語障害で障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 脳出血による重い後遺症がある60代の奥様について、ご主人からご相談いただきました。   社労士による見解 ご主人から詳しくお話を伺うと、奥様は元々数値が200近い高血圧だったそうです。 約10年前にも脳出血で倒れたことがあったそうですが、後遺症はありませんでした。 しかしその3年後に再度脳出血で倒れ、緊急搬送されました。 今度は重い右片麻痺と高 […] 続きを読む

事例№5008・3つの障害のうち1つに絞って1級に認められたケース

相談時の状況 お世話になっている病院の相談員さんから、入院中の40代男性患者についてご相談いただきました。 海外赴任先で脳梗塞を起こし、重い片麻痺と高次脳機能障害が残ったそうです。 社労士による見解 ご本人は会話もままな […] 続きを読む

事例№1582・脳出血による片麻痺で不当に障害厚生年金3級とされたが再審査請求で2級に認めさせたケース

相談時の状況 脳出血のため重い右片麻痺が残ってしまった、40代男性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は数年前に職場で脳出血を発症し、救急搬送されました。 1か月ほど入院して保存療法を受けた後にリハビリ病院へ転院し、リハビリに励まれましたが、残念ながら重い右片麻痺が残りました。 右足は多少動かせるようになり、下肢装具を装着することで何とか歩行可 […] 続きを読む

事例№2326・「社労士は必要はない」と主治医に言われ脳出血で障害年金を申請したが不支給だったケース

相談時の状況 病院の相談員から紹介されたとのことで、脳出血の後遺症に苦しむ40代男性の奥様からご相談いただきました。 奥様に事務所までお越しいただいてお話を伺ったところ、約10か月前に突然倒れて救急搬送され、今の病院にはその2か月後に転院となり、リハビリ目的に通院されているとのことでした。 原則として障害年金は、初診日から1年6か月経過した時点が障害認定日とされているため、1年6か月 […] 続きを読む

脳出血による片麻痺と失語症で障害厚生年金1級に認められたケース

相談時の状況 脳出血を患われた40代女性のご主人からご相談いただきました。 ご主人が年金事務所へ相談しながら、既に受診状況等証明書(初診証明)や診断書も取得しておられたのですが、正しい内容になっているかどうか不安に感じられてご相談いただいたようです。   社労士による見解 奥様は、ちょうど1年6か月前に脳出血で倒れて緊急搬送されました。その後、懸命にリハビリをされましたがあまり効果は無く […] 続きを読む

脳内出血の片麻痺により初診日から6か月時点で障害厚生年金2級に認定されたケース

相談時の状況 ご本人より電話でご相談いただき、後日面談へお越しいただきました。   社労士による見解 この方は約2年前の朝、出勤してこないことを心配した同僚が下宿先を訪ねたところ、意識を失って倒れていたのを発見されました。 直ぐに救急搬送されて何とか命は取り留めましたが、右上下肢に重い麻痺が残りました。 約6か月間入院して機能回復のリハビリを行いましたが、残念ながらあ […] 続きを読む

脳梗塞による肢体障害とてんかんで障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 ご本人からメールでご相談いただき、後日事務所へお越しいただいて面談を行いました。   社労士による見解 この方は1歳の時に脳梗塞を起こし、左腕が麻痺しておられました。 12歳の時には授業中に突然気を失い痙攣し出したため、直ぐに救急搬送されました。後日検査を受けたところてんかんと診断され、投薬治療を開始しました。 しばらくは薬によっててんかん発作は押さえられていましたが、大学 […] 続きを読む

脳出血による片麻痺でリハビリを継続しながらも障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 病院のソーシャルワーカーさんからのご紹介で、後日ご本人に面談へお越しいただきました。   社労士による見解 この方は約半年前に脳出血で突然倒れ、救急搬送されました。保存治療後に他院へ移られ、右上下肢の機能回復を目指してリハビリを受けられました。しかし残念ながらあまり改善は見られず、退院後はリハビリ専門のクリニックへ転医し、リハビリを継続しておられました。   受任 […] 続きを読む

初診から6か月で症状固定と認められ脳出血で障害厚生年金2級に決定したケース

相談時の状況 ソーシャルワーカーさんから入院中の患者さんをご紹介いただき、病院内で面談を行いました。   社労士による見解 発症から5か月経過した時点でご相談いただきました。 早朝に倒れて救急搬送され、脳内出血と診断されたそうです。 左片麻痺となり、高次脳機能障害も少し残りました。 1か月後に退院予定で、その後はリハビリ専門のクリニックへ通院して機能回復リハビリをお […] 続きを読む