障害年金手続きで圧倒的な実績

京都障害年金相談センター

運営:京都駅前社会保険労務士法人 「京都駅」より徒歩5分

初回相談料

0

075-662-8007
平日9:00~19:00 面談は要事前予約

面談は要事前予約

MENU

相談のご予約

\メールは24時間受付中/

お問い合わせ

双極性感情障害(躁うつ病) 一覧

発達障害で申請したが不支給となり再チャレンジしたケース

相談時の状況 自閉症スペクトラム障害と、その二次障害としてⅡ型双極性感情障害を発症された20代の男性について、代理人の方からご相談いただきました。 一度ご自身で申請されたのですが不支給となり、困っておられるとのことでした。   社労士による見解 この方は幼少期から人とかかわることが苦手で、いつも空想ばかりして自分の頭の中に閉じこもっていたそうです。 音、光、感覚の過敏 […] 続きを読む

不支給から申請しなおしたらカルテの提出まで求められたが双極性感情障害で障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 10代の頃から双極性感情障害を患っておられる、30代男性からご相談いただきました。 ご自身で障害年金の手続きをされたのですが、不支給の通知が届いてしまい、困り果てておられました。   社労士による見解 申請された書類一式を拝見すると、不支給になった理由はすぐにわかりました。 医師の書かれた診断書が、実態よりも非常に軽い内容になっていました。 精 […] 続きを読む

準社員で働きながら障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況 注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症スペクトラム障害(ASD)・双極性感情障害の診断を受けておられる、20代の女性からご相談いただきました。 主治医から障害年金のことを紹介され、複雑な制度であるため、まずは当センターへ相談に行くよう勧められたそうです。 社労士による見解 […] 続きを読む

不完全な証拠に第三者の証言も合わせて初診日が認められ双極性感情障害で障害基礎年金2級になったケース

相談時の状況 双極性感情障害を患っておられる50代女性の、ご主人からご相談いただきました。 ご主人が年金事務所へ何度も足を運ばれ、手続きを進めておられましたが、どうしても初診日を証明することができず困っておられました。   社労士による見解 この方は約25年前に、情緒不安定な状態が続いたためご主人が大学病院の精神科を受診させたところ、双極性感情障 […] 続きを読む

医師の勧めで双極性感情障害について障害年金を申請しようとしたが年金事務所で受付けてもらえなかったケース

相談時の状況 約20年も双極性感情障害を患っておられる、40代女性からご相談いただきました。 医師に勧められて障害年金の手続きを進めておられたのですが、年金事務所の窓口で提出しようとしたところ、「これでは初診日を認められない」と言われ、受付を断れたそうです。 そのことを主治医に報告されたところ、社労士に相談した方が良いと勧められ、当センターへ相談に来られました。   […] 続きを読む

うつ病について自分で障害年金申請し不支給となっていたケース

相談時の状況 うつ病の診断を受けておられる、30代の女性からご相談いただきました。 主治医から勧められて障害年金の手続きをしたものの、初診日を疑うような返戻が年金事務所から何度もあり、最終的に誤解は解けたものの、等級に該当するほどの障害状態では無いとの理由で不支給とされたそうです。   社労士による見解 まずは不支給とされた診断書を拝見したところ、かなり軽い内容で書かれ […] 続きを読む

双極性感情障害で障害年金を申請しようとしたが初診日がいつか判断できず困っておられたケース

相談時の状況 いつもお世話になっている大学病院精神科の相談員さんから、双極性感情障害を患っておられる40代女性をご紹介いただきました。 この方は病院の相談員さんに相談しながら進めておられたのですが、子供の頃から様々な症状で断続的にいろんな病院を受診されていたため、どこが初診日になるのか相談員さんも判断することができず、困っておられました。   社労士による見解 子供の頃 […] 続きを読む

他の社労士に無理だと言われていたが双極性感情障害で障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 いつもお世話になっている精神科病院の相談員の方より、約20年前から双極性感情障害を患っておられる、50代の女性をご紹介いただきました。 当初はご自身で手続きを進めようとしておられたのですが、初診日証明で行き詰まり、昔から低価格を売りにされている社労士へ相談されたところ、手間が掛かると判断されたためか断られてしまったそうです。   社労士による見解 相談員の […] 続きを読む

双極性感情障害で障害年金請求を自分で進めようとしたが途中で諦めていたケース

相談時の状況 双極性感情障害を患っておられる50代の女性からご相談いただきました。 5年以上前に障害年金手続を行おうと何度も年金事務所へ足を運ばれおり、診断書も医師に作成してもらったそうです。 申請しようと再び年金事務所へ行かれたのですが、どこかに不備があったらしく、受け取ってもらえませんでした。 「なぜだめなのか?」「どうすればよいのか?」ということについて、おそらく窓口で説明された […] 続きを読む

病気の知識がない社労士から断られていたが双極性感情障害で障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 双極性感情障害を患っている30代の女性からご相談いただきました。 主治医に障害年金の相談をされたところ、「手続きが難しいから社労士に相談した方が良い」と言われたそうです。 そこでインターネットで検索し、自分で社労士事務所を見つけて電話されたのですが、「重い躁鬱病の人が自分で電話してこれるはずがない」と相手にされませんでした。 そのことを通院している病院のソーシャルワー […] 続きを読む