障害年金手続きで圧倒的な実績

京都障害年金相談センター

運営:京都駅前社会保険労務士法人 「京都駅」より徒歩5分

初回相談料

0

075-662-8007
平日9:00~19:00 ご予約で夜間・休日対応可能
MENU

相談のご予約

\メールは24時間受付中/

お問い合わせ

がん 一覧

医師に障害をなかなか認めてもらえなかったが口腔底がんで障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況 口腔底がんにより舌を全摘出された40代男性の、ご家族からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は約5年前から、口の中の出来物に気付いていたそうですが、単なる口内炎だと考えて受診には至っておられませんでした。 1年くらい経過すると激しい痛みで耐えられなくなり、近くの耳鼻咽喉科を受診すると、直ぐに大きな病院を紹介されました。 翌日に受診して検査 […] 続きを読む

口腔がんによるそしゃく嚥下障害とペースメーカーを合わせて障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 口腔がんの治療で入院中に不整脈がわかり、ペースメーカーの植込み手術を受けられた50代女性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は数年前に口の中が黒く変色し、痛みもあったため近くの歯医者に行ったところ、大学病院を紹介されたそうです。 大学病院で検査を受けたところ口腔がんと診断され、直ぐに上あごの腫瘍部分を切除する手術を受けました。 数年後 […] 続きを読む

胸髄悪性腫瘍で障害年金申請しようとしたが医事課で初診証明を拒否されていたケース

相談時の状況 胸髄悪性腫瘍を患って胸髄を損傷し、両足と体幹が不自由になられた40代女性の、お父様からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は十数年前に強い痛みを背中に感じ、近くの病院を受診して検査を受けたところ、脊柱管内に腫瘍が見つかりました。 直ぐに公立の大きな総合病院を紹介され受診したところ、手術が必要と言われました。 その公立病院で入院を勧められた […] 続きを読む

一時的に設置予定だった人工肛門で障害厚生年金3級に認められたケース

相談時の状況 約1年前に直腸がんと診断された、50代男性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は約1年前に便の出にくさを訴えて近医を受診されたところ、ポリープが見つかりました。その日のうちに大きな総合病院を紹介受診されたところ、直腸S状部結腸ガンと診断され、そのまま入院となりました。 直腸を切除する手術を受けられたのですが、術後に容態が急変したため、一時的な対応として人 […] 続きを読む

乳がんで障害年金請求し一旦不支給とされたが審査請求で覆したケース

相談時の状況 数年前に乳がんを発症し、現在も化学療法を続けておられる30代女性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は約3年前に乳がんの発症が確認され、直ぐに左乳房全摘出の手術を受けられました。 数か月後から抗がん剤治療が半年ほど行われ、一旦は職場復帰されていました。 しかしその1年半後に骨転移がわかり、その後はずっとホルモン療法を続けておられました […] 続きを読む

リンパ浮腫による下肢障害で障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 子宮頸がんを患い、手術後から右足がリンパ浮腫のため不自由となった40代女性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は約8年前に子宮頸がんを発症し、手術の際に両足のリンパ節を取り除いておられました。その後がんは根治したのですが、リンパ浮腫から右足全体が倍以上に膨れ上がり、日常生活に大きな影響が出ておられました。 障害年金は、細かく設定された障害認定基準に基づい […] 続きを読む

仕事を続けながらでも乳がんで障害基厚生年金3級に認められたケース

相談時の状況 息子さんよりお電話でご相談いただき、後日ご本人と一緒に無料相談会へご参加いただきました。   社労士による見解 右乳房にしこりを感じ、約4年前に検査を受けてがんであることが分かったそうです。数か月後に右乳房を全摘出され、退院後は2か月に1回の受診を続けておられました。 約1年前にリンパ節への転移が発覚し、現在も抗がん剤治療を継続しておられます。生活のために発症前からの仕事を […] 続きを読む

乳がんで障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 ご本人の娘さんよりお電話でご相談いただき、後日無料相談会へご参加いただきました。   社労士による見解 約10年前にがん検診で乳がんが見つかり、左乳房を全摘出、右乳房を部分摘出されていました。その後は抗がん剤治療をホルモン療法を長年続けておられたのですが、副作用が強く、吐気嘔吐・食欲低下・倦怠感・脱力感・手足の痺れなどから日常生活も営めない状態が続いておられました。自宅で療 […] 続きを読む

脳悪性リンパ腫で医学的に関係ない時期が初診日として認められたケース

ご相談にこられたときの状況 ご本人のご主人よりお電話でご相談いただき、後日無料相談会にご参加いただきました。   社労士舩田による見解 お会いして詳しくお話しを伺い状態も拝見したところ、脳悪性リンパ腫による高次脳機能障害は障害等級1級に相当する状態だと判断しました。 しかし発症が確認されたのは、わずか8か月前でした。障害年金は初診日から1年半以上経過しなければ、原則として申請することがで […] 続きを読む

直腸癌で障害基礎年金1級を受給できたケース

ご相談にいらした状況 直腸がんを患った奥様のために、障害年金の受給に関してご相談にいらっしゃいました。   社労士舩田による見解 初診日から約1か月後に人工肛門を設置しておられましたので、1年半を経過せずとも申請できる状況でした。人工肛門設置だけだと、障害等級は3級相当です。 しかし初診日時点で加入しておられたのは、2級以上でなければ受給できない国民年金でした。奥様のご状況をヒアリングし […] 続きを読む