障害年金手続きで圧倒的な実績

京都障害年金相談センター

運営:京都駅前社会保険労務士法人 「京都駅」より徒歩5分

初回相談料

0

075-662-8007
平日9:00~19:00 面談は要事前予約

面談は要事前予約

MENU

相談のご予約

\メールは24時間受付中/

お問い合わせ

初診証明困難事例 一覧

初診日を証明できるものはなかったが認められたケース(事例№6702)

相談時の状況 長年うつ病を患っておられず、50代の女性からご相談いただきました。 主治医から障害年金申請を勧められ、まずは当センターへ相談するよう言われたそうです。   社労士による見解 この方は20数年前に職場でのいじめや育児ストレスが原因で、うつ病を発症したそうです。 投薬治療を受けるも症状は改善しなかったため、いろんな精神科への転医を繰り返しました。 現在の精 […] 続きを読む

心臓疾患で子供の頃から通院していたが障害厚生年金1級に認められたケース(事例№6695)

相談時の状況 低酸素脳症により四肢麻痺と高次脳機能障害が残った20代の男性について、お父様からご相談いただきました。 年金事務所の窓口で指示されるがままに、子供の頃に受診した病院で受診状況等証明書(初診証明)を取得されましたが、その後の手続きに不安を感じて相談に来られました。   社労士による見解 この方は、小学生の時に軽度のQT延長症候群と診断され、以後経過観察で定期 […] 続きを読む

パーキンソン病で障害厚生年金2級に認められたケース(事例№6563)

相談時の状況 パーキンソン病を患っておられる40代の男性からご相談いただきました。 ハローワークの専門相談員から障害年金手続きを進められ、まずは当法人へ相談してみるようアドバイスされたそうです。   社労士による見解 この方は、30歳になった頃から歩きにくさを自覚するようになったそうです。 足が重いと感じたため、近くの整形外科を受診したところ、神経系専門の大きな病 […] 続きを読む

初診日について間違った内容を診断書に書かれたが障害基礎年金2級に認められたケース(事例№6585)

相談時の状況 自閉症スペクトラム障害の診断を受けている20代男性からご相談いただきました。 高等技術専門校の教師から障害年金を勧められ、まずは当センターへ相談してみるよう言われたとのことでした。   社労士による見解 この方は幼少期から周りに合わせることができず、集団行動も出来なかったそうです。 小学校に上がってからも他人に興味が持てず、自分から人に話しかけることはあ […] 続きを読む

未熟児網膜症で障害基礎年金1級に認められたケース(事例№6451)

相談時の状況 生まれながらに両未熟児網膜症を患っておられる、50代の女性からご相談いただきました。 約1年前から急激に視力が低下し、生活に支障を来すほどであったため区役所の福祉課へ相談し、視力障害で障害者手帳3級を取得されました。 さらに区役所の国民年金課で障害年金の申請もしたいと相談されたのですが、窓口の職員から、「あなたは障害年金を受給できない」と門前払いされてしまい、どうすれば […] 続きを読む

うつ病で社会的治癒が認められ障害厚生年金2級に決定し遡及も認められたケース(事例№6605)

相談時の状況 うつ病を患っておられる50代の女性からご相談いただきました。 仕事ができない状態が続いていたため、主治医から障害年金を勧められたとのことでした。   社労士による見解 この方はお子さんの不登校に悩み、抑うつ症状が出現したため、約10年前に近くの精神科クリニックを受診されました。 しかし受診はその1回のみで、お子さんの不登校問題が解消したため、安心して症状も治 […] 続きを読む

歯科での麻酔薬大量投与が原因の全身麻痺で障害厚生年金1級に認められたケース(事例№6571)

相談時の状況 ジストニアと診断され、ほぼ寝たきりとなられた30代の娘さんについて、お母様からご相談いただきました。   社労士による見解 お母様から詳しくお話を伺ったところ、この方は昔から、麻酔が効きにくい体質だったそうです。 約3年前に虫歯で通っていた歯科医院で、抜歯のために麻酔を投与されましたがなかなか効かず、大量に打たれたそうです。 すると治療中に呼吸困難となり、持 […] 続きを読む

65歳を超えてから多系統萎縮症で障害基礎年金2級に認められたケース(事例№6488)

相談時の状況 多系統萎縮症の診断を受けて入院している65歳の女性について、病院のソーシャルワーカーさんからご相談いただきました。 経済的に困窮しておられたため、主治医から障害年金を勧めてあげてほしいと指示されたそうですが、既に65歳を超えておられたため、どうしたものかと困っておられました。   社労士による見解 病院へお邪魔し障害状態を拝見したところ、ふらつきがひどく、 […] 続きを読む

脊髄ヘルニアで障害厚生年金2級に認められたケース(事例№6391)

相談時の状況 関節リウマチ、大腿骨骨頭壊死、脊髄ヘルニアなどを患っておられる60代の男性からご相談いただきました。   社労士による見解 詳しく伺ってみると、この方は35歳くらいから運動をしているとだんだん走れなくなったり、お風呂に入ってもお湯の熱さを感じなくなるような症状が出現していたそうです。 異常を感じて掛かりつけの内科クリニックを受診したところ大学病院を紹介され […] 続きを読む

うつ病で社会的治癒が認められて障害厚生年金2級を受給できたケース(事例№6347)

相談時の状況 うつ病を患っておられる50代の女性について、病院の相談員さんからご紹介いただきました。   社労士による見解 この方は約15年前に、不眠・不安感・抑うつなどの症状を自覚され、近くの精神科クリニックを受診されました。 投薬治療を受けたところ数か月で症状が改善したため、通院を終了されました。 その後は問題なく社会生活を営まれていましたが、夫との不仲が原因で約 […] 続きを読む