障害年金手続きで圧倒的な実績

京都障害年金相談センター

運営:京都駅前社会保険労務士法人 「京都駅」より徒歩5分

初回相談料

0

075-662-8007
平日9:00~19:00 ご予約で夜間・休日対応可能
MENU

相談のご予約

\メールは24時間受付中/

お問い合わせ

20歳前障害の初診日証明について

質問

私は10代の頃から、統合失調症で精神科に通院しています。以前市役所へ相談に行ったところ、「初診日の証明が取れないので、あなたは申請できません」、と言われました。どうすればよいのでしょうか?

答え

原則で言いますと、「初診日=初めて医師の診療を受けた日」を証明できなければ、障害年金を受給することはできません。

しかし初診日が、年金制度に加入する前である20歳前にある場合は、初診日を証明できなくても、20歳までにどこかの医療機関を受診していたことを証明できればOKです。

また、何も証明できる証拠が残っていない場合でも、複数の第三者から、20歳前に発病して医療機関で診察を受けていたことを証明してもらえれば認められることもあります。

20歳前障害だけに限りませんが、初診日を証明する手立てはいろいろありますので、お困りの方は是非一度ご相談ください。

関連記事はこちら