障害年金手続きで圧倒的な実績

京都障害年金相談センター

運営:京都駅前社会保険労務士法人 「京都駅」より徒歩5分

初回相談料

0

075-662-8007
平日9:00~19:00 ご予約で夜間・休日対応可能
MENU

相談のご予約

\メールは24時間受付中/

お問い合わせ

保険料を滞納しているけど大丈夫?

質問

20歳から国民年金に加入していますが、病状が悪化してからは仕事もできなくなり、昨年から保険料を滞納しています。4年前に肝炎となり、その時初めて医者にかかったのですが、現在はさらに病状が進行して肝臓癌になりました。私のように保険料を滞納している人は、障害年金をもらうことができないのでしょうか?

答え

障害年金が受けられるかどうかは、今現在の保険料納付状況ではなく、初診日の前日時点での納付状況で判断されます。

そのためあなたの場合は、4年前に肝炎で初めて受診された前日での保険料納付要件が重要です。
保険料の納付要件は、初診日の前日の時点において、初診日の属する月の前々月までの公的年金制度に加入すべき全期間のうち、その3分の2以上の期間が保険料納付済か保険料免除済で満たされていれば満たされます。

またそうでない場合でも、平成28年3月31日までの特例(平成3年5月1日以降に初診があるときのみ)で、初診日の属する月の前々月からさかのぼった1年間に違法な保険料の滞納がなければ請求することができます。

なお、経済的な余裕がないという理由により保険料を払えないといったような場合、保険料免除申請の手続きをすると、支給要件における納付済み期間としてカウントされます。また一部免除の場合は、減額された保険料を納付すると納付済み期間としてカウントされます。
何らかの事情で保険料の納付が困難になることもありますが、その場合であっても未納状態を続けずに、免除や納付特例を申請しておいた方が賢明です。

関連記事はこちら