発達障害・知的障害

自閉症で長年受給していたが突然支給停止されたケース

相談時の状況 自閉症スペクトラムで障害基礎年金2級を受給しておられた30歳男性のご両親から、通っておられた就労支援施設からの紹介でご相談いただきました。 障害状態が軽減したわけでもないのに、障害年金を2年前に止められてしまったそうです。     社労士による見解
続きを読む >>

不支給のときとほぼ同じ内容の診断書で再度申請し認められたケース

相談時の状況 軽度知的障害と自閉症の診断を受けておられる、30代女性からご相談いただきました。     社労士による見解 この方は約10年前から、うつ症状を訴えて精神科へ通院するようになりました。 しばらくはうつ病の診断で投薬治療を継続しておられましたが、症状が改善しないため2年前に大きな精神病院へ転医され、そこで発達検査を受
続きを読む >>

初診のカルテが破棄されたと思い込んでおられたケース

相談時の状況 アスペルガー症候群とうつ病の診断を受けておられる40代女性について、お母様からご相談いただきました。 お母様が、病院のソーシャルワーカーさんに相談しながら進めておられました。ところが初診の大学病院ではカルテを破棄したと言われ、大学病院の紹介で転医したクリニックも既に廃院となっていたため、それ以上進めることが困難になり、当センターへ相談するようソーシャルワーカーさんから勧められたそ
続きを読む >>

毎回ほぼ同じ内容の診断書を提出し3回目で受給が認められたケース

相談時の状況 自閉症スペクトラム障害の診断を受けておられる、40代男性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は幼少の頃から集団行動が苦手で、誰とも打ち解けることができませんでした。 人の気持ちが理解できず、場の空気を読むことが出来ないため、小学校に上がると、クラスメートに場違いな発言をしたり、無意識に相手を傷つけてしまったりすることが良くあったため、いじめられ
続きを読む >>

中等度の知的障害でも不支給になっていたケース

相談時の状況 知的障害を持つ40代男性の、お母様からご相談いただきました。 お母様が自分で手続きされたのですが、不支給の通知が届いてしまったそうです。   社労士による見解 この方は3歳になっても全くしゃべれず、集団行動なども一切できませんでした。 小学校・中学校は支援学級に通い、高校も支援学校へ進みました。 支援学校卒業後は障害者雇用で就職しましたが、単純作業もまともに覚
続きを読む >>

僅かな証拠に状況説明を加えて初診日が認められたケース

相談時の状況 とある大学病院の臨床心理士の方から、ASDとADHDの診断を受けておられる30代男性の患者様をご紹介いただきました。 医師の勧めもあり、障害年金の手続きを進めておられたのですが、初診日時点のカルテは既に破棄されており、どうすればよいのかわからなくなっておられました。   社労士による見解 この方は幼少期の頃から酷い聴覚過敏があり、複数の人との会話が苦手だったそうで
続きを読む >>

知的障害と発達障害で申請して不支給になっていたケース

相談時の状況 障害者就労支援施設の職員さんから、軽度精神遅滞と自閉症スペクトラムの診断を受けた30代男性についてご相談いただきました。 約5年前に一度、お母様が手続きされましたが不支給だったそうです。日常生活や就労に大きな支障がでているのに、障害年金が認められないのはおかしいと感じて、当センターへ相談してみようと思われたそうです。   社労士による見解 この方は、3歳になっても
続きを読む >>

通院がないためどこの医療機関で診断書を依頼するか困られていたケース

相談時の状況 もうすぐ20歳になる軽度知的障害をお持ちの息子さんについて、お父様からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は、幼稚園の頃に先生から異常を指摘されて検査を受けたところ、IQ60の軽度知的障害と判明しました。小学校・中学校と特別支援学級に通学し、高校も特別支援学校へ進学されました。支援学校卒業後は、学校から作業所を紹介してもらい、そこで毎月僅かなお給料を
続きを読む >>

発達障害で20歳まで遡って障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 いつもお世話になっている障害者支援センターの職員さんから、利用者である自閉症の20代女性についてご相談いただきました。 ご本人は小学6年生の頃から自宅に引き籠っておられ、他人とコミュケーションを取ることは困難でした。お母様と2人暮らしでしたので、お母様から詳しくお話を伺おうと考えたのですが、お母様も精神科へ通院しておられ、精神的に不安定とのことでした。そこで詳しく状況を把握できる
続きを読む >>

就労支援A型で働きながら障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 軽度知的障害と広汎性発達障害の診断を受けた、30代女性のお母様からご相談いただきました。 過去に一度、知的障害の診断を受ける前に年金事務所へご自身で相談に行かれたのですが、初診日までの国民年金保険料にかなりの滞納があったため、受給できないと言われたそうです。 最近医師の勧めで発達検査を受けたところ広汎性発達障害と診断され、軽度の知的障害があることも判明しました。  
続きを読む >>

障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
障害年金無料診断キャンペーン
障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
無料相談会ご予約受付中