精神疾患

不支給からの再チャレンジでカルテの提出を求められたケース

相談時の状況 地域の障害者生活支援センターの相談員さんから、精神疾患を患っておられる40代の女性をご紹介いただきました。 昨年お母様が障害年金の申請をされたのですが、不支給になってしまったそうです。     社労士による見解
続きを読む >>

うつ病で申請して不支給になっておられたケース

相談時の状況 数年前からうつ病を患っておられる、50代男性からご相談いただきました。 ご自身で手続きされたそうですが、不支給の通知が届き困り果てておられました。       社労士による見解
続きを読む >>

準社員で働きながら障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況 注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症スペクトラム障害(ASD)・双極性感情障害の診断を受けておられる、20代の女性からご相談いただきました。 主治医から障害年金のことを紹介され、複雑な制度であるため、まずは当センターへ相談に行くよう勧められたそうです。     社労士による見解
続きを読む >>

自閉症で長年受給していたが突然支給停止されたケース

相談時の状況 自閉症スペクトラムで障害基礎年金2級を受給しておられた30歳男性のご両親から、通っておられた就労支援施設からの紹介でご相談いただきました。 障害状態が軽減したわけでもないのに、障害年金を2年前に止められてしまったそうです。     社労士による見解
続きを読む >>

初診時のカルテは破棄されていたがその翌年のカルテに記載があったケース

相談時の状況 長年うつ病を患っておられる、50代の女性からご相談いただきました。     社労士による見解 この方は30代後半でお子さんを出産されたのですが、重度の知的障害と判明し、ストレスからうつ症状がでるようになりました。 過換気発作も度々起こるようになったため、近くの精
続きを読む >>

てんかん発作間欠時を想定して診断書を書かれたが認められたケース

相談時の状況 病院のソーシャルワーカーさんから、てんかんを患った20代男性をご紹介いただきました。   数年前に発症した脳炎が原因でてんかんとなり、仕事ができなくなって困っておられたため、お母様から病院に障害年金の相談をされていたそうです。     社労士による見解 この方は元々営
続きを読む >>

障害年金の対象とならない病名で申請し認められたケース

相談時の状況 数年前から精神科へ通院しておられる30代女性のご主人からご相談いただき、面談にはご夫婦でお越しいただきました。 主治医から聞いておられる診断名は、障害年金の対象外とされている、『心的外傷後ストレス障害(PTSD)』でした。     社労士による見解 詳しくお話を伺うと、この女性は子供の頃から日
続きを読む >>

不支給のときとほぼ同じ内容の診断書で再度申請し認められたケース

相談時の状況 軽度知的障害と自閉症の診断を受けておられる、30代女性からご相談いただきました。     社労士による見解 この方は約10年前から、うつ症状を訴えて精神科へ通院するようになりました。 しばらくはうつ病の診断で投薬治療を継続しておられましたが、症状が改善しないため2年前に大きな精神病院へ転医され、そこで発達検査を受
続きを読む >>

不完全な証拠に第三者の証言も合わせて初診日が認められたケース

相談時の状況 双極性感情障害を患っておられる50代女性の、ご主人からご相談いただきました。   ご主人が年金事務所へ何度も足を運ばれ、手続きを進めておられましたが、どうしても初診日を証明することができず困っておられました。   社労士による見解 この方は約25年前に、情緒不安定な状態が続いたためご主人が大学病院の精神科を受診させたところ、双極性感情
続きを読む >>

本人の自己申告書を基に診断書を作成する精神科医のケース

相談時の状況 数年前からうつ病を患っておられる、30代女性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は、忙しい部署への異動をきっかけにストレスが溜まるようになり、約4年前から不眠や抑うつの症状が出現するようになりました。 情緒不安定となって仕事中に突然泣き出したり、駅のホームで飛び込みたくなる衝動が起こるようになったりしたため、精神科を受診したところうつ病と診断さ
続きを読む >>

障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
障害年金無料診断キャンペーン
障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
無料相談会ご予約受付中