難病など

重症筋無力症で症状が悪化しているのに支給停止されたケース

相談時の状況 約5年前にこちらで手続きを行い、重症筋無力症について障害厚生年金3級を受給しておられた50代男性から、再度ご相談いただきました。   1回目の更新は問題なかったのですが、2回目の更新手続きを行ったところ、支給停止の通知が届いてしまったそうです。     社労士による見解 久しぶりにお会いしたところ、幸いにも症状はあ
続きを読む >>

うつ病ではなくびまん性白質脳症とわかり2級に額改定できたケース

相談時の状況 うつ病として数年前から障害厚生年金3級を受給されている男性の、奥様からご相談いただきました。   感情のコントロールができず、家庭内で暴れるようになったため、数か月前から精神病院へ入院されていました。   約半年前に他院の脳神経内科で、神経軸索スフェロイド形成を伴う遺伝性びまん性白質脳症と診断されたそうです。   社労士による見解 この方は約5年前より、
続きを読む >>

脊髄小脳変性症で障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 約10年前に脊髄小脳変性症を発症された50代の奥様について、ご主人からご相談いただきました。   社労士による見解 子供の運動会で一緒に走る競技へ参加した際、足がもつれてうまく走れなかったそうです。 お母様が脊髄小脳変性症だったため、自分もそうなのではと考えて、母親が通っていた病院で精密検査を受けたところ、やはり同じ病気であることがわかりました。 定期的に通院さ
続きを読む >>

全身性エリテマトーデスで障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 数年前から全身性エリテマトーデスを患っておられる、20代の女性からご相談いただきました。 ご自身で手続きを進めておられたのですが、不安と感じて地域の障害者・生活支援センターの職員さんに相談されたところ、当センターをお勧めいただいたとのことでした。   社労士による見解 数年前から倦怠感が出現するようになり、当初は疲れによるものと考えておられたそうですが、しばらくす
続きを読む >>

封入体筋炎で障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 約3年前に封入体筋炎と診断された、50代男性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は数年前から体に力が入りにくいと感じておられたそうですが、仕事が忙しかったため、疲れによるものと考えて受診はされなかったそうです。 次第に足の動かしにくさが進行していき、明らかに歩行がしにくくなっていたため、3年前に近くの整形外科を受診されましたが、原因がわからない
続きを読む >>

類天疱瘡で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況 京都府の難病相談支援センターからのご紹介で、類天疱瘡を患っておられる50代男性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は約7年前から、皮脂欠乏性湿疹や貨幣状湿疹による痒みを訴えて、不定期に皮膚科を受診しておられました。 約4年前に、いままでの症状とは明らかに違う大きな水泡が出現したためいつもの皮膚科を受診されたところ、直ぐに大きな大学病院を紹介され
続きを読む >>

慢性炎症性脱髄性多発神経炎で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)を患った60代男性の、奥様からご相談いただきました。   社労士による見解 数年前から歩きにくさを感じるようになり病院へ行ったところ、当初は下肢静脈瘤によるものと言われていたそうです。 何度か手術を受けても状態はよくならなかったため精密検査を受けたところ、直ぐにはわかりませんでしたが、しばらくすると慢性炎症性脱髄性多発神経炎の
続きを読む >>

ポストポリオとの明確な診断はなかったが認められたケース

相談時の状況 幼少期にポリオに罹患し、数年前から状態が悪化した60歳男性からご相談いただきました。 最近になって障害年金を知り、ご自身で手続きを進めておられました。 何度か年金事務所へ足を運ばれ、既に診断書も取得されていましたが、窓口担当者によって言うことが異なるため、不安を感じておられたようです。   社労士による見解 この方は5歳の時にポリオウィルスに感染し、左足に重い障
続きを読む >>

二分脊椎症で障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 生まれながらに二分脊椎症を患っておられる、もうすぐ20歳になる女性について、お父様からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は生まれてすぐに二分脊椎症とわかり、生後5日で脊髄髄膜瘤の修復手術を受け、水頭症も合併していたため、生後1か月でV-Pシャント術も行われました。 幼少期から継続してリハビリと治療を続けてこられましたが、両下肢に重い障害があり、自
続きを読む >>

ファンコーニ症候群で障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 幼少期からファンコーニ症候群を患っておられる20代女性について、お父様からご相談いただきました。 初めは年金事務所へ相談に行かれたそうですが、窓口担当の説明が曖昧で、自信が無さそうな印象をうけたため、別の社労士のところへ相談に行かれました。 しかしその社労士もよくわからなかったのか、「やってみないとわからない」と発言したため、不安を感じて当センターへ相談に来られました。 &n
続きを読む >>

障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
障害年金無料診断キャンペーン
障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
無料相談会ご予約受付中