障害年金手続きで圧倒的な実績

京都障害年金相談センター

運営:京都駅前社会保険労務士法人 「京都駅」より徒歩5分

初回相談料

0

075-662-8007
平日9:00~19:00 ご予約で夜間・休日対応可能
MENU

相談のご予約

\メールは24時間受付中/

お問い合わせ

遡及請求請求事例 一覧

過去にステロイド治療を受けていたがその数年後が大腿骨骨頭壊死の初診日と認められたケース

相談時の状況 特発性大腿骨骨頭壊死により、左股関節を人工骨頭に置換しておられる50代男性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は、約15年前に突発性難聴を発症し、入院してステロイドパルス療法を受けておられました。 その際医師から、将来ステロイド治療の影響で、大腿骨骨頭壊死を発症する可能性があると聞いておられました。 その約5年後、左股関節に痛みがでるよう […] 続きを読む

大動脈解離で手術日まで遡りが認められたケース

相談時の状況 数年前に大動脈解離を発症された、50代男性からご相談いただきました。 社労士による見解 この方は約2年前、仕事中に突然背中が痛くなり、自宅で休もうと早退させてもらったが、帰宅途中で歩けないほど痛みがましたため […] 続きを読む

障害年金の対象とならない精神疾患名で申請し認められたケース

相談時の状況 数年前から精神科へ通院しておられる30代女性のご主人からご相談いただき、面談にはご夫婦でお越しいただきました。 主治医から聞いておられる診断名は、障害年金の対象外とされている、『心的外傷後ストレス障害(PTSD)』でした。 社労士による見解 詳しくお話を伺うと、この女性は子供の頃から日 […] 続きを読む

Ⅰ型糖尿病で障害厚生年金3級を5年遡及できたケース

相談時の状況 Ⅰ型糖尿病を患っておられる、50代の女性からご相談いただきました。 皮肉にも、障害基礎年金2級を受給していたⅠ型糖尿病患者が、支給停止されたことに対して集団訴訟を起こしたニュースを見て、糖尿病でも障害年金の対象になると知ったそうです。   社労士による見解 この方は約8年前に、異常な喉の渇きが続くことを自覚され、掛かりつ […] 続きを読む

受診がなかった20才まで遡り感音性難聴で障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 先天性の両側感音性難聴を患っておられる20代の女性について、病院のソーシャルワーカーさんからご相談いただきました。 その女性はお子さんのことについて病院の相談窓口に行かれたのですが、ソーシャルワーカーさんが聴力異常に気付き、障害年金の申請を勧めておられました。   社労士による見解 病院の相談室へお邪魔し、ご紹介いただいた相談員の方にもご同席いただき、ご本 […] 続きを読む

類天疱瘡で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況 京都府の難病相談支援センターからのご紹介で、類天疱瘡を患っておられる50代男性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は約7年前から、皮脂欠乏性湿疹や貨幣状湿疹による痒みを訴えて、不定期に皮膚科を受診しておられました。 約4年前に、いままでの症状とは明らかに違う大きな水泡が出現したためいつもの皮膚科を受診されたところ、直ぐに大きな大学病院を […] 続きを読む

解離性大動脈瘤による人工血管置換で手術日まで遡って障害厚生年金3級に認められたケース

相談時の状況 Stanford A型の大動脈解離により、数年前に人工血管置換術を受けられた50代男性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は会社の定期健康診断で胸部異常陰影を指摘され、近くの総合病院を受診されたところ、解離性大動脈瘤であることがわかりました。 その病院では対応できる医師がいなかったため、直ぐに他院を紹介され、初診日から約1週間後にその病 […] 続きを読む

統合失調感情障害で5年遡及分を不支給から障害厚生年金3級に変更できたケース

相談時の状況 統合失調感情障害を長年患っておられる、40代男性のお母様からご相談いただきました。 お母様が年金事務所に何度も足を運ばれ、やっとの思いで申請されたのですが、現時点の障害状態は2級に認められたものの、障害認定日時点は不支給とされてしまったそうです。 5年分遡って支給されると考えていたのに、理由もわからず不支給とされてしまったため、納得ができないとのことでした。 &n […] 続きを読む

遡り時点で受診はなかったが網膜色素変性症で障害基礎年金2級を5年遡及できたケース

相談時の状況 網膜色素変性症を患っておられる、20代男性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は友人から、夜になると目が見えていないことを指摘され、眼科クリニックを受診してみたところ、網膜色素変性症と診断されました。 視力は矯正で両眼とも1.2ありましたが、この時点でかなり視野狭窄が進んでおり、おそらくは大分以前から発症しておられたはずでした。 […] 続きを読む

発達障害で20歳まで遡って障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 いつもお世話になっている障害者支援センターの職員さんから、利用者である自閉症の20代女性についてご相談いただきました。 ご本人は小学6年生の頃から自宅に引き籠っておられ、他人とコミュケーションを取ることは困難でした。お母様と2人暮らしでしたので、お母様から詳しくお話を伺おうと考えたのですが、お母様も精神科へ通院しておられ、精神的に不安定とのことでした。そこで詳しく状況を把握できるよう […] 続きを読む