統合失調感情障害で障害厚生年金2級に認められ5年遡及も行われたケース

相談時の状況

ご本人からお電話でご相談いただき、後日無料相談会へご参加いただきました。

 

社労士による見解

お一人で面談にお越しいただいたのですが、多弁傾向が強く、内容も支離滅裂だったため、発症から初診までの経緯や、現在までの治療歴もよくわかりませんでした。

しかし状態を拝見したところ、ご本人はうつ病とおっしゃっておられたのですが、双極性感情障害の特徴的な症状がでており、しかも幻聴や妄想の症状もでておられましたので、統合失調感情障害の可能性が高いと感じました。面談時は明らかに躁状態で、妄想と現実の区別もあまりついていない状態でしたので、障害状態は間違いなく2級以上に該当すると判断しました。

 

受任してから申請までに行ったこと

障害年金を申請する上で重要なポイントはいくつかあり、医師に重い症状の診断書を書いてもらえればそれで通るというものではありません。まずは初診日がいつであるのかを判断し、その客観的な証明をとることができなければ、いくら重い障害状態にあっても、障害年金は支給されないのです。

この方は精神疾患以外にも様々な病歴があり、初診日の判断が非常に複雑でした。しかもご本人は思考力が低下しており、記憶も曖昧でしたので、ご本人からの聴き取りだけで進めていくことは困難だと判断しましました。ご主人がいらっしゃいましたので、後日改めてお二人で面談にお越しいただいたのですが、なんとご主人もうつ状態にあるようで、質問をしてもあまり反応がありませんでした。

お子さんが二人いらっしゃることがわかったのですが、おひとりは双極性感情障害で、もうおひとりは広汎性発達障害と統合失調症で通院されているようでしたので、こちらからもヒアリングは難しい状況でした。

その後根気よく何度も電話でお話を伺っていき、何とか初診の可能性がある病院がいくつか判明しました。まずはそれぞれに受診状況等証明書(初診証明)を作成してもらい、内容をみてみなければ判断できませんでしたので、こちらで作成依頼文を作成し、ご本人から各病院へ依頼していただきました。ところが後日ご本人から、そのうち一つの病院で作成を断られてしまったとの連絡がありました。そこは公的な総合病院で、信頼できるソーシャルワーカーさんも大勢いらっしゃるところでした。そこの相談室の責任者の方とは以前からよくやり取りをしていましたので、何があったのかを調べてもらったところ、どうも被害妄想から文書受付窓口でトラブルになり、担当者に要件がうまく伝わらなかったようです。


改めて相談室の責任者の方を通じて作成を依頼してもらい、無事受診状況等証明書を作成していただけました。

障害認定日(初診日から1年6か月経過した日)時点の診断書は、医師が協力的でしたので問題なくお書きいただけたのですが、現時点で通院しておられたクリニックは医師が作成を嫌がっておられるようでした。そのクリニックは以前からあまり評判が良くなく、話しもあまり聞いてもらえないため、誤診が多い印象があるところでした。

ご本人から医師に病名を確認していただいたところ、明らかに違うと思われる「うつ病」と診断しておられました。しかもこの方はうつ状態になると外出もできなくなるため、躁状態の時に受診されることが多く、軽度のうつと判断されているようでした。

ご本人も診察時に医師から相手にされていないと以前から感じておられ、病状も全く改善しないことに不満も持っておられましたので、信頼できる医師がいらっしゃるクリニックをお教えしたところ、直ぐに転医されました。数か月に新たなクリニックで診断書を作成いただけ、無事に申請することができました。

 

結果

無事、障害厚生年金2級に認められ、5年分の年金も支給されました。

障害年金制度は、非常に複雑です。一般の方はもちろん、医療関係者の方でも、正確に把握しておられることは稀です。ある程度経験がなければわからないことや、判断できないことがたくさんありますので、まずは経験豊富な専門家へご相談いただくことをお勧めします。

  • 双極性感情障害(躁うつ病)の最新記事

    受給事例の最新記事

    統合失調症・妄想性障害の最新記事

    障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
    障害年金無料診断キャンペーン
    障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
    無料相談会ご予約受付中