双極性感情障害で障害基礎年金2級に認められ5年遡及も行われたケース

相談時の状況

ご本人のご主人よりお電話でご相談いただき、後日無料相談会へご参加いただきました。

社労士による見解

姑からの度重なるモラルハラスメントが原因でストレスが蓄積し、約10年前に発症されたよう
でした。
不眠や食欲不振を訴えるようになり、精神的にも不安定であることが傍から見ても明らかだっ
たため、家族に連れられて精神科へ通院するようになったそうです。

躁状態の時はスマートホンを使って際限なく買い物してしまうため毎月多額の請求書が届き、
送られてきた商品は開封すらせずほったらかしでした。
うつ状態になると一歩も外にでることができず、家の中でも恐怖心から一人になることができ
ないため、ご主人は一日中世話をするために仕事を退職しておられました。
日常生活に大きな支障がでておられましたので、障害等級2級に該当する可能性が高いと判断
しました。

 

受任してから申請までに行ったこと

ご本人から詳しくヒアリングを行おうとしたのですがうつ状態が酷く、とても会話できる状態
ではありませんでした。
そこでご主人から伺おうとしたのですが、長年に渡って奥様に付き添って看病してこられたこ
とで、おそらく影響を受けてご主人も精神疾患を発症しておられるようで、順序立ててご説明
いただくことは難しい状態でした。

ご夫婦から自主的にお話しいただくことは難しいと考え、双極性感情障害を患っておられる方
がよく困られている状況や症状についてこちらからお伝えし、当てはまる事柄をお答えいただ
く形でヒアリングを進めていきました。

その後医師に診断書をご作成いただき、その内容も踏まえたうえで病歴就労状況等申立書を作成しました。

 

結果

無事障害基礎年金2級に認められ、5年分の遡及も行われました。

うつ病や双極性感情障害などの抑うつ状態を伴う疾患の場合は、受診時に医師へ症状や日常生
活の状況等を伝えることができておらず、普通に診断書の作成を依頼すると実態よりも軽い内
容で出来上がってくることがよくあります。
その場合は通常よりも低い等級で判断されたり、最悪の場合障害年金を受け取ることができな
くなってしまうことも少なくありません。

障害年金を専門で扱う社労士でも、経験が少なければ病気に対する理解があまりなく、主張す
べき症状や状況などを見逃してしまう恐れがありますので、その疾患での申請経験が豊富な専
門家にご相談いただくことをお勧めします。

  • 双極性感情障害(躁うつ病)の最新記事

    障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
    障害年金無料診断キャンペーン
    障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
    無料相談会ご予約受付中