相談内容一覧:2013年3月~4月

こちらでは、2013年3月~4月の間に京都障害年金相談センターにみなさまよりご相談いただきました例をまとめて掲載しております。

ご不明点やお悩みがございましたら、是非お気軽にご相談ください!!

 

他の相談内容の事例もご参考にしてください!

○最新のご相談内容

○2013年9月~10月にご相談いただいた内容

○2013年7月~8月にご相談いただいた内容

○2013年5月~6月にご相談いただいた内容

○2013年1月~2月にご相談いただいた内容

 

2013年4月にご相談にいただいた内容 (18件)

○「小腸の特定疾患である、クローン病に罹っている。厳しい食事制限があり、自営のため何とか仕事は出来ているが、厳しい状況である。障害年金の対象になっていると聞いたが、もらえるのか」という障害年金申請に関するお問合せ。

○「リンパの癌で難病指定されているが、障害年金はもらえるのか」という障害年金申請に関するお問合せ。

○「心疾患及びがんの診断をされた。心疾患でも障害年金をもらえると聞いたが、がんでももらえるのか」というお問合せ。

○「事故で頚椎を傷つけてしまい、ひどく苦しんでいる、年金事務所に相談したところ、1年半経たないと障害年金は申請できないと言われたが本当か?厚生年金に加入していて、休職中であり、傷病手当ももらう予定である」という障害年金制度に関するお問合せ。

○「うつ病歴17年ほどになる。障害年金はもらえるか?」という障害年金受給に関するお問合せ。

○「20数年前から統合失調症を患っており、半年くらい前に年金事務所に相談へ行ったら、数か月足らず保険料納付要件を満たしていなかったが、何とかならないか」という障害年金申請に関するお問合せ。

○「鬱病を患っており、生活が苦しいので障害者手帳を申請しようと考え、手帳用の診断書を書いてもらった。医師に聞いても教えてくれないので、何級に該当するか判断してほしい。障害年金も、あわよくばもらいたいと考えている。」という障害年金申請に関するとお問合せ。

○「以前から発達障害で2級の年金を受けている。今度更新することになったが、大丈夫か?」障害年金の等級認定に関するお問合せ。

○「10年以上前から統合失調症に罹っている。障害者手帳は3級を所持している。現在は障害者雇用枠で勤務中であるが、障害年金を申請したいと考えている」という障害年金申請の依頼に関するお問合せ。

○「自分で申請して、障害年金の3級を受給している。息子も一緒に申請をして2級の基礎年金を受給している。自分の障害で、この等級は妥当か?」という障害年金の認定等級に関するお問い合わせ。

○「5年前から鬱病を患っている。現在は医者の勧めで、週に3日ほど働いているが障害年金を受給できるかもしれないといわれた。」という障害年金申請に関するお問合せ。

○「10年位前から、腎不全を患っている。人工透析まではしていない。網膜症の手術を近々する予定だが、障害年金とかはもらえるのだろうか」という障害年金の受給資格に関するお問合せ。

○「白血病を発症されたご主人に関して奥様からのご相談。59歳の時に白血病を発症し、60歳から老齢年金を繰り上げ受給しており、夫は自分の設計事務所で設計士としていまも勤務しているが障害年金は受給できるのか知りたい」という障害年金受給に関してのお問合せ。

○「パニック障害をわずらっているのだが、病院に診断書の作成を依頼しているが、ちゃんと書いてくれないので揉めている。どうすればよいのか?」という診断書作成に関してのお問合せ。

○「7年前に心筋梗塞を発症した。2回手術し、今年3月まで働いていたが、今後働ける体調にない。手帳は3級を持っているが、障害年金は受給できるのか知りたい」という障害年金受給に関するお問合せ。

○「幼少期からの虐待で、解離性障害、複雑性PTSD、うつ病、身体表現性障害などの疾病を診断されており、勤務するのに非常に苦しんでいる。もらえるなら障害年金をもらいたい」という障害年金受給に関するお問合せ。

○「白血病を約1年前に発症し、すでに余命宣告もされているが、障害年金は受給できるのか知りたい」というお問合せ。

○「20歳前障害で、23歳から障害基礎年金を受給している。株の売買益も所得制限の対象になるのは知っているが、ばれるのか?」という障害年金受給資格に関するお問合せ。

京都障害年金相談センターではほかにも多くの相談事例があります。お悩みやご相談されたいことがございましたら是非一度、お気軽にご相談ください。

ご相談はこちらからになります。 ⇒ 相談してみたい。

 

2013年3月にご相談にいただいた内容 (27件)

○「16年前に発症した。現在は老齢年金をもらっているが、障害年金や障害者手帳はもらえるか?」という障害年金の制度に関するとお問合せ。

○「36歳くらいの頃から、精神疾患にかかっている。病名はハッキリしないが、障害年金は受給できるのか」という障害年金受給に関するお問合せ。

○「2級を受給しているが、更新の際、3級に下げられた。納得いかなかったので審査請求をしたが駄目だった。再審査請求のサポートをお願いできないか?」障害の等級認定に関するお問合せ。

○「初診日は19歳の時。急性錯乱となり入院。その後も入退院を繰り返している。障害者手帳は1級。以前市役所に相談した時、初診日の証明が取れないから駄目だと言われた。」という障害年金申請に関するお問合せ。

○「発達障害(高機能自閉症)と診断された息子のことでの相談です。対人関係が上手くいかず、辞めてしまったりと仕事が長続きしません。将来の不安もあり、先日主治医に障害者年金の相談をしましたが『申請しても、知的障害がなく、日常生活に支障がないため無理です』と言われました。理由は、知的障害がないことと、日常生活が普通にできるからでした。失職中ですが、精神障害者手帳3級があります。このようなケースでの受給は可能でしょうか。」という障害年金受給に関するお問合せ。

○「障害手帳の申請方法について知りたい。」という障害年金の申請方法に関するお問合せ。

○「10数年前から生活保護を受けている。月に14万円くらい。鬱になり、仕事が出来なくなったため。障害年金はもらえるのか?」という障害年金受給に関するお問合せ。

○「数年前に人工股関節を設定したが障害年金はもらえるか?また障害者手帳は?」という障害年金に関する全般のお問合せ。

○「脳梗塞を発症後、後遺症が足に残っているが、歩けないほどではない。手は何ともない。言語障害の症状も数か月はあったが、糖尿病も以前から患っており、1か月ほど入院したことがある。左目の視力を失いつつあり、老齢年金を受給中であるが、障害年金を受給できるか知りたい」という障害年金受給に関するお問合せ。

○「精神区分で障害者年金を今年から受給することになりましたが、特別障害者手当はもらえますか?」という障害年金制度に関するお問合せ。

○「十数年前から、生活保護を月に11万円受給中。生活保護を受けていることが精神的にしんどいので、何とか障害年金に切り替えたい。」という障害年金申請に関するお問合せ。

○「数年前から鬱病を患っている。1年2か月休職中。2年経ったら退職しないといけない。平成19年に子宮筋枝となり、ストレスから鬱になった。子宮筋枝は治り、鬱だけが残った。会社でも鬱のことでパワハラを受けている。駄目でもいいので年金を申請してみたい。サポートしてほしい。」という障害年金申請支援に関するお問合せ。

○「自分で申請し、3級での受給が決定した。しかし事後重症とされてしまったことに納得がいかない。審査請求したい。」という障害年金の再申請に関するお問合せ。

○「自分で障害厚生年金の申請をしたところ、初診のはずの病院で他の病院ですでに受診している記録がある旨を診断書に書かれてしまっており、その病院では、すでにカルテが破棄されている。審査請求したいのだが、どうすればよいか?」という障害年金申請の手続きに関するお問合せ。

○「10年前に鼻の癌に罹ったのだが、障害年金はもらえるか?」という障害年金の受給対象疾病に関するお問合せ。

○「6年前に足首を骨折し、歩けるが正座はしにくくなった。障害年金はもらえるか?」という障害年金申請に関するお問合せ。

○「現在身体障害者3級手帳を交付されて ますが、65歳以降の障害者は対象外といわれましたが 入退院を4回繰り返し、65歳までに発病しております」という障害年金申請に関するお問合せ。

○「昨年厚生年金保険障害給付を申請したら、不支給決定の通知 がありました、国民年金も不支給で審査請求をして、再調査の結果で処分変更の通知が来ましたが変更後の内容はどれ位で届きますか?先天性膵炎を診断されましたが、どれくらい年金が出るのかをしりたい。貯金を取り崩して生活しているので、かなり深刻です」という障害年金の受給資格及び受給金額に関するお問合せ。

○「20歳くらいから鬱病と診断され、障害者手帳は3級を持っているが、障害年金の受給がかなうのかどうかを知りたい」というお問合せ。

○「身体障害者2級。パーキンソン病を患っている妻が障害年金受給の対象になるのかどうかを知りたい」というお問合せ。

○「2年前に脳梗塞となり、心筋梗塞にも罹患してしまい障害者手帳2級を持っているが、障害年金受給の資格になるのか知りたい」という障害年金受給の対象疾病に関するお問合せ。

○「パニック障害及びうつ病の診断をされ、障害者手帳は3級を持っています。髪の毛も全部抜けており、仕事ができてません。障害年金はもらえるのでしょうか。」という障害年金受給に関するお問合せ。

○「慢性膵炎に罹り、膵臓を半分切り取っている。お腹から常時管を出しており、仕事や日常生活に支障をきたしている状態。初診時点では新聞配達や勧誘の仕事についており、厚生年金に加入していたが、障害年金の受給資格はあるのでしょうか」という障害年金受給に関するお問合せ。

○「以前から目の障害で、障害基礎年金1級を受給している。足にも軽度の障害があるのだが、今以上に年金がもらえるようにはできないか?」という障害年金受給金額増額に関するお問合せ。

○「大動脈の病気で人工血管設置手術を受けたが障害年金はもらえるのか」という障害年金受給に関するお問合せ。

○「現在、生活保護を受給中。12年前に障害者手帳1級を取得し、その際に障害年金も申請したが、納付要件に2か月足らず駄目だった。これは後から2か月分を追納しても駄目なのか?」という障害年金の制度に関するお問合せ。

○「20歳くらいから、統合失調症に罹っている。妄想や幻聴あり(誰かに狙われている)。障害年金はもらえるのか」という障害年金申請に関するお問合せ。

京都障害年金相談センターではほかにも多くの相談事例があります。お悩みやご相談されたいことがございましたら是非一度、お気軽にご相談ください。

ご相談はこちらからになります。 ⇒ 相談してみたい。


  • 障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
    障害年金無料診断キャンペーン
    障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
    無料相談会ご予約受付中