関節リウマチ・パーキンソン病・四肢麻痺等

リンパ浮腫による下肢障害で障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 子宮頸がんを患い、手術後から右足がリンパ浮腫のため不自由となった40代女性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は約8年前に子宮頸がんを発症し、手術の際に両足のリンパ節を取り除いておられました。その後がんは根治したのですが、リンパ浮腫から右足全体が倍以上に膨れ上がり、日常生活に大きな影響が出ておられました。 障害年金は、細かく設定された障害認定基
続きを読む >>

神経線維腫症Ⅰ型と軽度知的障害で障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 京都府の難病相談支援センターから、神経線維腫Ⅰ型(レックリングハウゼン病)に起因する体幹障害を患っておられる40代の女性についてご相談いただきました。 地域の就業生活支援センターにサポートしてもらいながら、体幹障害について障害年金手続きを進めておられました。しかしこの方は軽度知的障害もあり、年金事務所や病院の文書担当からの説明もあまり理解ができず、手続きが行き詰っておられるとのこ
続きを読む >>

カルテは破棄されていたが肢帯型筋ジストロフィーで障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 京都府難病相談支援センターの職員さんから、肢帯型筋ジストロフィーを患っている40代後半の女性をご紹介頂きました。   社労士による見解 この方は10歳の時に大学病院で筋ジストロフィーと診断され、中学を卒業する頃まで年1回の頻度で受診されていましたが、まだ症状もでていなかったため、その後は通院を中断されていました。 20歳を過ぎたころから手足の動かしにくさを感じるよ
続きを読む >>

亜急性連合性脊髄変性症で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況 亜急性連合性脊髄変性症を患っている、50代後半の男性からご相談いただきました。 通院されていた大学病院の主治医に障害年金の相談をされたところ、「手続きが難しいから社労士に相談した方が良い」とアドバイスされたそうです。   社労士による見解 亜急性連合性脊髄変性症は、ビタミンB12の欠乏が原因で脊髄が変性する進行性の病気です。脊髄が変性することで、感覚神経や運動神経
続きを読む >>

初診時のカルテは無かったが悪性関節リウマチで障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 悪性関節リウマチを患っておられる、30代の女性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は小さな診療所に医療事務として勤務していた15年くらい前から、手首の痛みを自覚するようになりました。 異常を感じて勤務先の院長に診てもらったところ、関節リウマチの可能性が高いと言われ、専門医を紹介されたそうです。しかし症状は悪化するばかりで改善は見られなかったため
続きを読む >>

脳内出血の片麻痺により初診日から6か月時点で認定されたケース

相談時の状況 ご本人より電話でご相談いただき、後日面談へお越しいただきました。   社労士による見解 この方は約2年前の朝、出勤してこないことを心配した同僚が下宿先を訪ねたところ、意識を失って倒れていたのを発見されました。直ぐに救急搬送されて何とか命は取り留めましたが、右上下肢に重い麻痺が残りました。 約6か月間入院して機能回復のリハビリを行いましたが、残念ながらあまり回復は見
続きを読む >>

両特発性大腿骨骨頭壊死症で障害厚生年金3級に認められたケース

相談時の状況 ハローワークの、難病の方を対象にした専門相談窓口からご紹介いただきました。   社労士による見解 この方は、約1年前に転倒して右膝を強く痛めたそうです。1か月経っても痛みが引かず、右股関節も痛み出したため、異常を感じて大学病院の整形外科を受診されました。 検査を受けたところ、両特発性大腿骨骨頭壊死と診断されました。面談に来られた日から2か月後に、両股関節を人工股関
続きを読む >>

低料金を売りにする社労士が何もしてくれなかったケース

相談時の状況 交通事故による頸椎損傷で四肢麻痺となられた方からご相談いただきました。 初めにインターネットで検索し、低価格の報酬を謳っている社労士へ相談されたそうなのですが、話を聞いてみるとその社労士がやってくれるのは、『病歴就労状況等申立書の作成』と『そろった書類を年金事務所へ提出しに行くこと』だけだったそうです。 年金記録の確認や診断書の作成依頼は自分で対応するよう言われ、両手両足に麻痺
続きを読む >>

脳炎治療のためのステロイドが原因で大腿骨骨頭壊死となったケース

相談時の状況 両特発性大腿骨骨頭壊死が原因で、両股関節を人工骨頭に置換されている方からご相談いただきました。   社労士による見解 詳しくお話を伺うと、この方は約2年前に突然めまいや意識を失う症状が出現し、掛かりつけの内科クリニックを受診されました。血液検査などをしても異常はなかったためしばらく様子を見ていましたが改善しなかったため、大きな総合病院を受診したところ、急性脳炎と診断
続きを読む >>

関節リウマチで障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 ご本人から電話でご相談いただきました。 通常は事務所にお越しいただいて面談を行いますが、遠方にお住まいでしたので、初めに相談票をお書きいただいて郵送してもらい、それを見ながら電話で詳細を伺いました。   社労士による見解 この男性は約10年前の起床時に今まで感じたことのない痛みを両膝に感じ、総合病院の整形外科を受診して血液検査を受けたところ、関節リウマチであること
続きを読む >>

障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
障害年金無料診断キャンペーン
障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
無料相談会ご予約受付中