統合失調症・妄想性障害

性同一性障害に悩んで統合失調症を発症されていたケース

相談時の状況 以前に当センターでサポートした方の妹さんから、統合失調症を患っておられる事実婚のご主人(50代)についてご相談いただきました。   社労士による見解 奥様と一緒に面談へお越しいただき、詳しくお話を伺いました。 この方は、子供の頃からご自身の性別について違和感があったそうです。赤いランドセルを背負わされることがとてもつらく、その当時からうつ状態を自覚されていたそうで
続きを読む >>

器質性統合失調症様障害で障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 10代の頃から幻聴や幻覚の症状に悩まされ、統合失調症と診断されてきた20代の女性患者について、精神科の医師からご紹介いただきました。   社労士による見解 この方は中学2年生の頃から学校でいじめられるようになり、次第に自分を悪く言うような幻聴が聞こえるようになってそうです。ブツブツ独り言を言う娘を見て母親が異常を感じ、自宅近くの精神科を受診させたところ、統合失調症と
続きを読む >>

重度PTSDが原因の鑑別不能型統合失調症で障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 いつもお世話になっている精神科の医師から、遠隔診療をされている30代女性の患者様についてご相談いただきました。 医師から障害年金の申請をお母様に提案されたのですが、発症から20年近く経過しているため通院歴などが非常に複雑で、ご本人やお母様が病歴就労状況等申立書を作成されるのは困難と判断されて、当センターへご紹介いただきました。 またご本人は発症から現在までの状況についての記憶が
続きを読む >>

精神疾患の初診日が第三者証明だけで認められたケース

相談時の状況 十代の頃から統合失調感情障害を患っておられる40歳男性の、お父様からご相談いただきました。   この方は、大学受験のプレッシャーや漠然とした不安感から腹痛を起こすようになり、高校2年生の冬休み明けから不登校となりました。 両親の勧めで内科を受診されましたが異常はなく、精神科を受診するよう言われたそうですが、精神科に抵抗があると医師へ伝えたところ、教育学部の大学生がボ
続きを読む >>

非定型精神病で障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 非定型精神病と診断された、20代女性のお父様からご相談いただきました。   社労士による見解 お父様から詳しくお話を伺いました。 この方は昔から何でもがんばりすぎる傾向があり、高校生の頃も、勉強や部活に多忙を極めていたそうです。高校2年生の頃からパニック発作や食欲低下がみられるようになり、睡眠時間も1日2時間から20時間と、2週間おきに大きく変動するようになりまし
続きを読む >>

初診日が証明できなくて困っておられたケース

相談時の状況 いつもお世話になっている大学病院の相談員さんから、統合失調症で長年治療を受けておられる30代後半の女性についてご相談いただきました。 当初は相談員さんとお母さんが手続きを進めておられたのですが、初診と思われる医療機関ではすでにカルテが破棄されており、どうすればよいか困り果てておられました。   社労士による見解 病院に訪問し、相談員さんとお母さんから詳しく状況を伺
続きを読む >>

強迫性障害で申請し不支給とされていたケース

相談時の状況 十代の頃から強迫性障害を患っておられる、20歳女性のお父様からご相談いただきました。 数か月前にお父様が障害年金請求されましたが、不支給となったそうです。もう一度診断書を書いてもらおうと主治医に相談されたところ、当センターを主治医から勧められたとのことでした。   社労士による見解 不支給となった診断書のコピーを拝見したところ、内容が概ね2級相当になっていたのです
続きを読む >>

30年間家から出られず受診もできていなかったケース

相談時の状況 障害者就労生活支援センターから協力をご依頼いただきました。 ご本人は他人と顔を合わせることもできず、10代の頃から30年間一歩も外に出たことが無い方でした。ご家族はお母様とお兄様がいらっしゃったのですが、お母様は精神疾患を患っておられるうえにご高齢で、お兄様は知的障害がある方でしたので、意思の疎通や状況を把握することも困難でした。   社労士による見解 ご本人は高
続きを読む >>

統合失調症で障害基礎年金1級に認められ5年遡及も行われたケース

相談時の状況 ご本人から電話でご相談いただき、後日事務所へお越しいただいて面談を行いました。面談の際はご本人だけでなく、客観的な状況を把握するためご主人にもご同席いただきました。   社労士による見解 この方は10代の頃から被害妄想があり、パニック発作を起こすことも度々あったそうです。気分の浮き沈みも激しく、高校も登校できなくなって2年生に上がる前に退学しておられたのですが、薬を
続きを読む >>

医師に日常生活の困難さが伝わっていなかったケース

相談時の状況 訪問看護ステーションの看護師さんからご紹介いただき、後日ご本人・お母様・看護師さんに面談へお越しいただきました。   社労士による見解 30代後半の方で、統合失調症の発症は10代の頃でした。 小学校6年生頃からクラスで嫌われていると思い込むようになり、心悸亢進、四肢冷感、過呼吸などの症状がでるようになったそうです。異常を感じて掛かりつけの小児科を受診されたところ、
続きを読む >>

障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
障害年金無料診断キャンペーン
障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
無料相談会ご予約受付中