発達障害・知的障害

発達障害で20歳まで遡って障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 いつもお世話になっている障害者支援センターの職員さんから、利用者である自閉症の20代女性についてご相談いただきました。 ご本人は小学6年生の頃から自宅に引き籠っておられ、他人とコミュケーションを取ることは困難でした。お母様と2人暮らしでしたので、お母様から詳しくお話を伺おうと考えたのですが、お母様も精神科へ通院しておられ、精神的に不安定とのことでした。そこで詳しく状況を把握できる
続きを読む >>

就労支援A型で働きながら障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 軽度知的障害と広汎性発達障害の診断を受けた、30代女性のお母様からご相談いただきました。 過去に一度、知的障害の診断を受ける前に年金事務所へご自身で相談に行かれたのですが、初診日までの国民年金保険料にかなりの滞納があったため、受給できないと言われたそうです。 最近医師の勧めで発達検査を受けたところ広汎性発達障害と診断され、軽度の知的障害があることも判明しました。  
続きを読む >>

小脳低形成症で相談され発達障害で申請したケース

相談時の状況 いつもお世話になっている障害者就業支援センターの職員さんから、ちょうど20歳になる小脳低形成症の男性をご紹介いただきました。   社労士による見解 お母様にお越しいただき、詳しくお話を伺いました。 小脳低形成症の影響で平衡機能に異常があり、日常生活や就労に影響がでているとのことでした。 平衡機能障害ももちろん障害年金の対象なのですが、この方は初診日が20歳前でし
続きを読む >>

ご本人が病院を混乱させていたケース

相談時の状況 精神疾患を患っておられる60代男性からご相談いただきました。 約1年前にご自身で障害年金の手続きをされたのですが、不支給だったそうです。もう一度申請しようと病院の相談員に相談されたところ、社労士に依頼した方がよいとのアドバイスを受けて当センターへ来られました。   社労士による見解 まずは前回年金機構へ提出された書類一式を、年金事務所を依頼していただきました。
続きを読む >>

どこの社労士に相談しても働いているから無理と言われていたケース

相談時の状況 東北地方にお住いの、広汎性発達障害の診断を受けておられる20代女性からお電話でご相談いただきました。 この方は以前から、就労継続支援A型の事業所で就労しておられました。障害年金の手続きを依頼しようと様々な社労士へ相談されたのですが、どこに相談しても、「働けているから障害年金を受給できない」と断られていたそうです。   社労士による見解 障害年金は、本来働きながら受
続きを読む >>

どこの社労士に相談しても働いているから無理と言われていたケース

相談時の状況 東北地方にお住いの、広汎性発達障害の診断を受けておられる20代女性からお電話でご相談いただきました。 この方は以前から、就労継続支援A型の事業所で就労しておられました。障害年金の手続きを依頼しようと様々な社労士へ相談されたのですが、どこに相談しても、「働けているから障害年金を受給できない」と断られていたそうです。   社労士による見解 障害年金は、本来働きながら受
続きを読む >>

60歳を超えてから発達障害で障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 当センターが所属している京都府社会保険労務士会からの要請で、アスペルガー症候群の診断を受けた60代の女性からの相談を受けました。 ご自身で手続きを進めようとされていたのですが、自宅近くの街角年金相談センターへ相談に行ったところ、「普通に会話できるから正常なんじゃないの?」「自分で相談に来れるような人は対象にならない」などと言われてしまい、困って社労士会へ相談されたそうです。 &
続きを読む >>

IQだけで医師から無理と言われたが障害等級1級に認められたケース

相談時の状況 発達障害と、ごく軽度の知的障害がある19歳の息子さんのことついて、お母様からご相談いただきました。 20歳になった時点で障害年金を申請しようと主治医に相談されたのですが、IQは74と比較的高かったため、「この数値で障害年金はもらえない」と言われてしまったそうです。   社労士による見解 障害年金は、様々な病気や障害の箇所ごとに、障害認定基準が定められています。審査
続きを読む >>

医師から診断書の書きようがないと言われていたケース

相談時の状況 50代後半の男性患者について、いつもお世話になっている総合病院のソーシャルワーカーさんからご相談いただきました。 アルコールの過剰摂取が原因で体調を崩し、しんどくなったときだけ助けを求めて、何十年も前から不定期に受診している患者さんでした。 当然医師からは定期的な受診を指示されているのですが、意思の疎通に難があり、全く言うことを聞かないそうです。母親と二人暮らしなのですが、既に
続きを読む >>

神経線維腫症Ⅰ型と軽度知的障害で障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 京都府の難病相談支援センターから、神経線維腫Ⅰ型(レックリングハウゼン病)に起因する体幹障害を患っておられる40代の女性についてご相談いただきました。 地域の就業生活支援センターにサポートしてもらいながら、体幹障害について障害年金手続きを進めておられました。しかしこの方は軽度知的障害もあり、年金事務所や病院の文書担当からの説明もあまり理解ができず、手続きが行き詰っておられるとのこ
続きを読む >>

障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
障害年金無料診断キャンペーン
障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
無料相談会ご予約受付中