双極性感情障害(躁うつ病)

いつが初診日か判断できなくて困っておられたケース

相談時の状況 いつもお世話になっている大学病院精神科の相談員さんから、双極性感情障害を患っておられる40代女性をご紹介いただきました。 この方は病院の相談員さんに相談しながら進めておられたのですが、子供の頃から様々な症状で断続的にいろんな病院を受診されていたため、どこが初診日になるのか相談員さんも判断することができず、困っておられました。   社労士による見解 子供の頃からの状
続きを読む >>

他の社労士に無理だと言われていたケース

相談時の状況 いつもお世話になっている精神科病院の相談員の方より、約20年前から双極性感情障害を患っておられる、50代の女性をご紹介いただきました。 当初はご自身で手続きを進めようとしておられたのですが、初診日証明で行き詰まり、昔から低価格を売りにされている社労士へ相談されたところ、手間が掛かると判断されたためか断られてしまったそうです。   社労士による見解 相談員の方にお話
続きを読む >>

自分で進めようとしたが途中で諦めていたケース

相談時の状況 双極性感情障害を患っておられる50代の女性からご相談いただきました。 5年以上前に障害年金手続を行おうと何度も年金事務所へ足を運ばれおり、診断書も医師に作成してもらったそうです。申請しようと再び年金事務所へ行かれたのですが、どこかに不備があったらしく、受け取ってもらえませんでした。「なぜだめなのか?」「どうすればよいのか?」ということについて、おそらく窓口で説明されたと思うのです
続きを読む >>

病気の知識がない社労士から断られていたケース

相談時の状況 双極性感情障害を患っている30代の女性からご相談いただきました。 主治医に障害年金の相談をされたところ、「手続きが難しいから社労士に相談した方が良い」と言われたそうです。そこでインターネットで検索し、報酬の安い社労士事務所を見つけて電話されたのですが、「重い躁鬱病の人が自分で電話してこれるはずがない」と相手にされませんでした。 そのことを通院している病院のソーシャルワーカーに伝
続きを読む >>

医師から無理だと言われていたが障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 10代の頃から双極性感情障害を患っておられる20歳の女性の、お母様からご相談いただきました。就労できる状態に無いため主治医に障害年金の相談をされたのですが、『入退院を繰り返してないと無理ちゃうか?』と言われてしまったそうです。 お母様とご本人に事務所へお越しいただき、詳しくお話を伺いました。   社労士による見解 中学3年生の頃から突然眠ってしまう症状が出現し、歩
続きを読む >>

精神科に掛かり始めてすぐに診断書を書いてもらえたケース

相談時の状況 外出が難しいとのことでしたので、ご自宅にお邪魔してお話を伺いました。   社労士による見解 詳しくお話を伺うと、この方は約8年前から仕事のストレスで不眠症状が出現するようになり、肝臓疾患で通院しておられた内科の医師へ相談し、睡眠導入剤を処方してもらっていたそうです。2年間はそれで我慢しておられたのですが、就労できないほど症状が悪化したため、退職して実家へ戻られました
続きを読む >>

数年前に不支給となっていたが再チャレンジで障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 双極性感情障害を患っておられる方からご相談いただきました。まずは電話でお話を伺ったところ、3年前に自分で手続きしたが不支給となったそうです。 もう一度チャレンジしたいとのことでしたが、前回不支給とされてしまった原因がわかりませんでしたので、まずは委任状を1枚ご郵送いただき、こちらから年金事務所へ出向いて申請書類のコピーを取り寄せていただくよう依頼しました。 不支給となった原因は
続きを読む >>

主治医から障害年金は無理だと言われていたケース

相談時の状況 セカンドオピニオンとして診察した医師より、主治医から障害年金は受給できないと言われて困っている患者がいるので、助けてあげてほしいとの相談を受けました。 主治医からは、「あなたは障害年金を受給できない」と言われたそうです。主治医は双極性感情障害と診断されていたようですが、セカンドオピニオンの医師が発達検査を行ったところ、IQ64の軽度知的障害が根底にあるとわかりました。 セカンド
続きを読む >>

双極性感情障害Ⅱ型なのにうつ病と誤診されていたケース

相談時の状況 ご本人からお電話でご相談いただき、後日ご本人に無料相談会へご参加いただきました。   社労士による見解 この方は以前北海道に住んでおられ、職場で受けたストレスからうつ症状が出現するようになりました。仕事を辞め、地元の精神科へ通院しながら自宅療養されていたのですが、通院開始から1年後くらいに、突然京都で暮らすことを思いつき、直ぐに引っ越しをされたそうです。引っ越し後は
続きを読む >>

医師から障害年金に頼らず働けと言われていたケース

相談時の状況 京都府の難病相談支援センターからご相談いただき、後日ご本人に無料相談会へご参加いただきました。   社労士による見解 この方は難病指定されている潰瘍性大腸炎を約10年前に発症し、その辛さから徐々に抑うつや眩暈などの症状がでるようになったそうです。潰瘍性大腸炎を発症した2年後に眩暈を訴えて耳鼻科を受診したところ、メニエール病と診断されました。耳鼻科へ通院されたのですが症状は良く
続きを読む >>

障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
障害年金無料診断キャンペーン
障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
無料相談会ご予約受付中