難病など

再生不良性貧血で一旦不支給とされたが審査請求で2級に認めさせたケース

相談時の状況 いつもお世話になっている大学病院のソーシャルワーカーさんから、入院しておられる50代男性のことについてご相談いただきました。   社労士による見解 病院にお邪魔し、検査結果などを拝見しながら、ご本人・奥様・ソーシャルワーカーさんと面談を行いました。 その方はリウマチ性髄膜炎と再生不良性貧血を患っておられました。リウマチ性髄膜炎は障害等級に該当するほどではありません
続きを読む >>

強直性筋ジストロフィーで障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 強直性筋ジストロフィーを患っておられる40代女性の、お父様からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は約8年前に筋肉痛のようなふくらはぎの痛みが出現し、掛かりつけの内科クリニックを受診されました。そこで多発性筋炎の疑いがあると言われ、直ぐに近くの総合病院を紹介受診したところ、強直性筋ジストロフィーと診断されました。 その後は継続して通院されていました
続きを読む >>

神経ベーチェット病で障害厚生年金1級に認められたケース

相談時の状況 神経ベーチェット病と診断された30代男性の、ご両親からご相談いただきました。   社労士による見解 詳しくお話を伺うと、この方は約1年半前に突然、発熱・便秘・複視の症状が出現したそうです。しばらく様子を見ておられたのですが、症状は悪化するばかりだったため、約2週間後に近医を受診されました。 受診した3日後には足がもつれて歩けない状態になったため、慌てて家族が医師に
続きを読む >>

全身性強皮症で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況 京都難病連からの紹介で、全身性強皮症を患っておられる、40代の女性よりご相談いただきました。   社労士による見解 この方は約2年前に高血圧・頭痛・めまいなどを訴えて、ご自身が看護師として勤務されていた病院を受診したところ、腎臓の数値が人工透析一歩手前の状態であることがわかりました。 当初は原因不明だったのですが、精密検査を受けたところ、全身性強皮症と診断されまし
続きを読む >>

球脊髄性筋萎縮症で障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 球脊髄性筋萎縮症の診断を受けた50代男性から、約5年前にご相談いただきました。面談にお越しいただいたのですが、当時の障害状態は等級に該当するほどではなく、正直にそのことをお伝えしてお帰りいただきました。 その後徐々に症状が進行していき、杖がなければ歩行できないほどになっていたため、ご自身で障害現金の手続きを進めようとしておられたところ、ハローワークの専門相談窓口職員から当センター
続きを読む >>

カルテは破棄されていたが血友病で障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 血友病を患っておられる40代半ばの男性からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は4歳頃に大学病院で血友病と診断され、20代半ばごろまでそこに通院しておられました。その後引っ越しを機に転医され、何度か病院を変えながら現在も治療を継続しておられました。 検査数値などは血友病の障害等級2級に該当するほどの状態だったのですが、初診から20代半ば頃まで通院し
続きを読む >>

発症して2年のパーキンソン症候群で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況 パーキンソン症候群と診断された、20代前半の男性からご相談いただきました。 大学病院の主治医に障害年金の相談をされたところ、「詳しい話はここで聞いてみては?」と当センターをご紹介いただいたそうです。   社労士による見解 パーキンソン症候群はパーキンソン病と同じ症状なのですが、投薬の効果があまり無く、進行も比較的早いのが特徴です。 この方も当初はパーキンソン病と
続きを読む >>

全身性強皮症で障害厚生年金3級に認められたケース

相談時の状況 数年前に転倒して右手首を骨折された、50代女性からご相談いただきました。骨折はとうに治っているはずが、痛みは継続しており、利き腕であるため日常生活上支障が出ているとのことでした。 その状態だけだと障害等級には該当しないと感じたのですが、もう少しお話を聞いてみると、もっと以前からシェーグレン症候群と強皮症も発症しておられることがわかりました。   社労士による見解
続きを読む >>

神経線維腫症Ⅰ型と軽度知的障害で障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 京都府の難病相談支援センターから、神経線維腫Ⅰ型(レックリングハウゼン病)に起因する体幹障害を患っておられる40代の女性についてご相談いただきました。 地域の就業生活支援センターにサポートしてもらいながら、体幹障害について障害年金手続きを進めておられました。しかしこの方は軽度知的障害もあり、年金事務所や病院の文書担当からの説明もあまり理解ができず、手続きが行き詰っておられるとのこ
続きを読む >>

カルテは破棄されていたが肢帯型筋ジストロフィーで障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 京都府難病相談支援センターの職員さんから、肢帯型筋ジストロフィーを患っている40代後半の女性をご紹介頂きました。   社労士による見解 この方は10歳の時に大学病院で筋ジストロフィーと診断され、中学を卒業する頃まで年1回の頻度で受診されていましたが、まだ症状もでていなかったため、その後は通院を中断されていました。 20歳を過ぎたころから手足の動かしにくさを感じるよ
続きを読む >>

障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
障害年金無料診断キャンペーン
障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
無料相談会ご予約受付中