難病など

慢性炎症性脱髄性多発神経炎で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)を患った60代男性の、奥様からご相談いただきました。   社労士による見解 数年前から歩きにくさを感じるようになり病院へ行ったところ、当初は下肢静脈瘤によるものと言われていたそうです。 何度か手術を受けても状態はよくならなかったため精密検査を受けたところ、直ぐにはわかりませんでしたが、しばらくすると慢性炎症性脱髄性多発神経炎の
続きを読む >>

ポストポリオとの明確な診断はなかったが認められたケース

相談時の状況 幼少期にポリオに罹患し、数年前から状態が悪化した60歳男性からご相談いただきました。 最近になって障害年金を知り、ご自身で手続きを進めておられました。 何度か年金事務所へ足を運ばれ、既に診断書も取得されていましたが、窓口担当者によって言うことが異なるため、不安を感じておられたようです。   社労士による見解 この方は5歳の時にポリオウィルスに感染し、左足に重い障
続きを読む >>

二分脊椎症で障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 生まれながらに二分脊椎症を患っておられる、もうすぐ20歳になる女性について、お父様からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は生まれてすぐに二分脊椎症とわかり、生後5日で脊髄髄膜瘤の修復手術を受け、水頭症も合併していたため、生後1か月でV-Pシャント術も行われました。 幼少期から継続してリハビリと治療を続けてこられましたが、両下肢に重い障害があり、自
続きを読む >>

ファンコーニ症候群で障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 幼少期からファンコーニ症候群を患っておられる20代女性について、お父様からご相談いただきました。 初めは年金事務所へ相談に行かれたそうですが、窓口担当の説明が曖昧で、自信が無さそうな印象をうけたため、別の社労士のところへ相談に行かれました。 しかしその社労士もよくわからなかったのか、「やってみないとわからない」と発言したため、不安を感じて当センターへ相談に来られました。 &n
続きを読む >>

ヌーナン症候群による心臓肥大で障害基礎年金2級に認められたケース

相談時の状況 京都府の難病相談支援センターの相談員さんから、ヌーナン症候群による心臓肥大で苦しんでおられる30代男性をご紹介いただきました。   社労士による見解 この方は小学校入学時の心電図検査で異常を指摘され、総合病院の小児科を受診したところ、ヌーナン症候群と診断されたそうです。 その後は定期的に通院されていたのですが、日常生活に支障はありませんでした。 18才からは同病
続きを読む >>

神経線維腫症2型による肢体障害で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況 神経線維腫症Ⅱ型を患っておられる40代の女性からご相談いただきました。最初はご自身で手続きをしようと年金事務所へ行かれたのですが、制度が複雑で説明を聞いてもあまり理解ができず、不安を感じて相談に来られました。   社労士による見解 この方は、総合病院で看護師をしておられました。約9年前に、右腕に痺れや脱力感が出現するようになったため、勤務先の病院を受診したところ、神
続きを読む >>

再生不良性貧血で一旦不支給とされたが審査請求で2級に認めさせたケース

相談時の状況 いつもお世話になっている大学病院のソーシャルワーカーさんから、入院しておられる50代男性のことについてご相談いただきました。   社労士による見解 病院にお邪魔し、検査結果などを拝見しながら、ご本人・奥様・ソーシャルワーカーさんと面談を行いました。 その方はリウマチ性髄膜炎と再生不良性貧血を患っておられました。リウマチ性髄膜炎は障害等級に該当するほどではありません
続きを読む >>

強直性筋ジストロフィーで障害基礎年金1級に認められたケース

相談時の状況 強直性筋ジストロフィーを患っておられる40代女性の、お父様からご相談いただきました。   社労士による見解 この方は約8年前に筋肉痛のようなふくらはぎの痛みが出現し、掛かりつけの内科クリニックを受診されました。そこで多発性筋炎の疑いがあると言われ、直ぐに近くの総合病院を紹介受診したところ、強直性筋ジストロフィーと診断されました。 その後は継続して通院されていました
続きを読む >>

神経ベーチェット病で障害厚生年金1級に認められたケース

相談時の状況 神経ベーチェット病と診断された30代男性の、ご両親からご相談いただきました。   社労士による見解 詳しくお話を伺うと、この方は約1年半前に突然、発熱・便秘・複視の症状が出現したそうです。しばらく様子を見ておられたのですが、症状は悪化するばかりだったため、約2週間後に近医を受診されました。 受診した3日後には足がもつれて歩けない状態になったため、慌てて家族が医師に
続きを読む >>

全身性強皮症で障害厚生年金2級に認められたケース

相談時の状況 京都難病連からの紹介で、全身性強皮症を患っておられる、40代の女性よりご相談いただきました。   社労士による見解 この方は約2年前に高血圧・頭痛・めまいなどを訴えて、ご自身が看護師として勤務されていた病院を受診したところ、腎臓の数値が人工透析一歩手前の状態であることがわかりました。 当初は原因不明だったのですが、精密検査を受けたところ、全身性強皮症と診断されまし
続きを読む >>

障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
障害年金無料診断キャンペーン
障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
無料相談会ご予約受付中