脳梗塞による半身麻痺で、発症から6か月時点で受給が認められたケース

ご相談にいらした状況

Cさんご本人は右半身が麻痺しておられ、お会いすることが難しい状況だったため、Cさんのお姉様とお会いしてお話を伺いました。

 

社労士舩田による見解

ご本人の状況を詳細に確認したところ、2級以上に相当するのではないかと判断しました。また本来は初診日から1年半を経過しなければ障害年金の申請はできないのですが、医師が症状の固定を認めておられたため6か月経過した時点で受給できると判断しました。

Cさんのお姉様から医師へ、日常生活の影響などを具体的に伝えたうえで診断書を作成してもらいました。また6か月時点で症状が固定したことを客観的に認めてもらえるよう、病歴就労状況等申立書に現在の状況を具体的に書きこみました。

 

結果

初診日から6か月が経過した時点をもとに、無事に障害厚生年金2級の受給が認められました。Cさんのお姉さんをはじめ、Cさんにも大変喜んでいただき、同時に「ほっとした」というお言葉をもらえたので、私としてもひとしおの喜びになりました。

  • その他(高次脳機能障害・若年性認知症・低酸素脳症等)の最新記事

    脳疾患の最新記事

    脳血管障害(脳出血・脳梗塞・もやもや病等)の最新記事

    身体障害の最新記事

    関節リウマチ・パーキンソン病・四肢麻痺等の最新記事

    障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
    障害年金無料診断キャンペーン
    障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
    無料相談会ご予約受付中