狭心症で障害厚生年金2級を受給できたケース

ご相談にいらした状況

20年前に狭心症を患われたD様のご相談での来所でした。20年前の罹患後に15年前にバイパス手術を実施されました。その後10年は症状も治まり、しばらく健康に暮らされていたそうですが、5年前に梗塞後狭心症を再発され、再度バイパス手術をされました。その再に病院で障害年金の話を耳にされてご相談にいらっしゃいました。

 

社労士舩田による見解

ご相談にいらっしゃった再にすでにDさんは息切れが激しい様子でしたし、ご自身でも息切れが苦しく、胸の痛みが苦しいとおっしゃられましたが、医師の診断書も拝見しました。

診断書には「現在は軽微ではあるがいつ何時心不全をきたすか余地できないため、日常生活においても注意が必要であり、日常生活に著しい制限をきたしているため、労働できる状態ではない。」と記されていました。

医師の診断書に『労働ができない』と書かれていることはとても大きなことです。即座に障害厚生年金の受給は間違いなくできると判断させていただきました。

 

結果

医師にも一度ご面会させていただき、結果として、障害厚生年金2級の認定を受けました。経済的に、精神的にも家族に負担をかけてしまっていると「負い目」を感じられていたDさんはとても喜ばれるとともに、ご家族もとても安心していただけました。

  • 心疾患の最新記事

    障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
    障害年金無料診断キャンペーン
    障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
    無料相談会ご予約受付中