統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

ご相談にいらした状況

ご本人からお電話でご相談いただき、後日無料相談会へご参加いただきました。

 

社労士舩田による見解

ご本人の状態を確認したところ、障害等級に該当する可能性が高いと判断しました。
しかし、ご本人の記憶が非常にあいまいで、思考力も低下しておられたため、詳しい経過などを確認することが困難な状況でした。

 

受任から申請までに行ったこと

お話しの内容に支離滅裂なところがあり、これまでの経過も二転三転していたため、以前受診しておられた病院のケースワーカーの方にも話を伺いながら、時間をかけて慎重に経緯を確認していきました。

 

結果

無事、障害基礎年金2級を受給できました。

本件のように、ご本人の記憶があいまいであったり、長く話すことが困難であったりする場合には、年金事務所に問い合わせても上手くご理解していただけず、申請まで行かずに、中途半端になってしまうことがあるようです。当センターでも、ヒアリングにお時間を頂くことがありますが、時間をかけてしっかりお話を伺い、ご相談者様が障害年金を受け取れるようにサポートしております。このようなケースでお悩みの場合は、是非ご相談ください。お待ちしております。

  • 統合失調症・妄想性障害の最新記事

    障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
    障害年金無料診断キャンペーン
    障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
    無料相談会ご予約受付中