改善しつつある統合失調症で障害基礎年金2級を受給できたケース

ご相談にいらした状況

ご本人から電話でご相談いただき、ご自宅まで伺いました。

 

社労士舩田による見解

ご主人も統合失調症で、ご自身で手続きを行い障害年金を受給しておられました。そのため障害年金の手続きについてはご主人がよくご存じだったのですが、症状が改善傾向にあり、医師からも障害年金の受給は厳しいと言われていたため、当事務所へご依頼いただきました。

ご本人の状態を確認し、今までの経過をヒアリングしたところ、確かに以前よりも良くなっておられるようでしたが、障害基礎年金の2級であれば該当する可能性が高いと判断しました。

 

受任から申請までに行ったこと

医師に診断書をお書きいただき、その内容を踏まえたうえで、日常生活が困難な状況を具体的に病歴就労状況等申立書にまとめ、申請しました。

 

結果

無事、障害基礎年金の2級に認められました。

上記のように、当センターでは、病歴や生活状況をヒアリングさせて頂きながら、医師の診断書が実態と合っているか確認しています。ご相談者様が病院に通えるときは、体調が良好なことが多いたため、実際の生活状況を医師に伝えきれないケースがありますので、そのサポートを行なわせていただきます。こうしたサポートは、専門家に依頼するメリットとなりますので、是非、無料相談からお気軽にご活用ください。

  • 統合失調症・妄想性障害の最新記事

    障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
    障害年金無料診断キャンペーン
    障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
    無料相談会ご予約受付中