初診時カルテが無い状況で、うつ病で障害基礎年金2級を受給できたケース

ご相談にいらした状況

お電話でご相談いただき、後日無料相談会にご参加いただきました。

 

社労士舩田による見解

診断名はうつ病とのことでしたが、お会いしてみると発達障害や統合失調症の特徴も強く出ておられる方で、一度の面談では意思の疎通が困難でした。

そのため何度かお会いし、少しずつ状況をヒアリングしていきました。
また最初に受診した医療機関では既にカルテを破棄しておられるようで、
初診日の証明が困難でした。

 

受任から申請までに行ったこと

ご本人は他者との意思の疎通が困難な方でしたので、私が初診の医療機関へ行き、
受診状況等証明書(初診日証明)の作成依頼をしてきました。
受付の方に確認したところ、カルテはやはり破棄されておりましたが、かろうじて
パソコンに受診記録が残っておりました。
はじめは受付の方に証明書の作成を拒否されましたが、ご本人が経済的に困窮して
おられることを根気よく説明しました。受付窓口で粘りに粘ったところ、何とかその場で医師に連絡
をとっていただき、受診記録に基づいて作成していただくことができました。

また診断書の作成依頼をしていただく際も、怖くて医師に頼めないとのことでしたので、一緒に医師のところへ伺い、私から直接医師へ説明してご作成いただきました。

 

結果

無事、障害基礎年金の2級を受給できました。

本件は、お客様の症状を正確に把握することや提出書類の整備に力を入れてサポートいたしました。このケースのように、私がお手伝いできることは積極的にご相談に乗っております。 

どうぞ、お気軽にご相談下さい。

  • うつ病・気分変調症の最新記事

    障害年金無料相談会受付中!075-662-8007
    障害年金無料診断キャンペーン
    障害年金の申請で損をしないために!! あまり知られていない障害年金の事実!
    無料相談会ご予約受付中